本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】「オクトーバーラン」に参加して、10月はランニングに集中

「(11~12月のフルマラソンは)とにかく10月の走り込みが結果を左右します」
とは『月刊ランナーズ』1984年9月号の「月間走り込み大会」参加者募集告知の一文です。10月1日~31日の走行距離を全国のランナーたちと競い合うイベントで、初開催となったこの年は2630人が参加。優勝は1502kmを走破した群馬県の両角一浩さん(当時23歳)でした。

現在は「オクトーバーラン」と名称を変え、今年で36回目の開催となります。以前は参加者が紙に書いて送ってくる走行結果を、ランナーズ編集部が手集計していましたが、現在はスマートフォンのGPSトレーニングアプリ「TATTA」を使用してWEB上で行われています。昨年は2万4567人のランナーが参加しました。

『ランナーズ』2月号「これが私の2019快走宣言」に「自称・大田原マラソンコースをもっともよく知る男」(試走を含めて60回以上コースを走る)として登場した木村紀雄さん(栃木・48歳)は、昨年のオクトーバーランで1057kmを走破(参加者2万4567人中10位)。

「友人には『車でもそんなに走れないよ!』とびっくりされました(笑)。この1ヵ月間は、仕事、通勤、走る、をひたすら繰り返す日々。平日は朝4時30分に起きて通勤ラン15km、仕事後も帰宅ラン15km。週末には40km以上走り込みました。風邪で1日でも走れないと、目標の1000kmを突破するのが難しくなるので、どんなに短い時間でも外に出た後は手洗い・うがい。10月後半は常に身体のだるさを感じていましたが、走ることに限界まで集中できた充実した日々でした。何よりもレースに向けて大きな自信になりました(11月の大田原マラソンで2時間56分13秒)」

オクトーバーランへはまだエントリー可能(無料)。申込方法は下記をご参照ください。
http://octoberrun.jp/start/

10月1日~31日の走行距離を競う「オクトーバーラン」。9月30日までにエントリーすると、ランニンググッズが当たるキャンペーン実施中!

10月1日~31日の走行距離を競う「オクトーバーラン」。9月30日までにエントリーすると、ランニンググッズが当たるキャンペーン実施中!

詳しくはこちらまで
https://runnet.jp/campaign/detail/october2019.html



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント