本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

                          

注目!エントリー情報

★お忘れなく!間もなくエントリー開始大会

翌週のエントリー開始情報を毎週金曜日に更新します!

★まだ間に合う!今からエントリーできる大会

現時点でエントリーできる直近3カ月の大会を、距離別(フルマラソン、ハーフマラソン、30km、10km)、月別に検索できます!

ピックアップ★レース

一覧へ
第4回さいたま国際マラソン(エントリー締切:9月7日)
第4回さいたま国際マラソン(エントリー締切:9月7日)

大会キャッチフレーズは「ここから、世界へ。」 エリートランナーはオリンピックや世界選手権の代表を目指し、市民ランナーにとっても「自己ベストを更新する」「完走を目指す」など、新しい世界に挑戦するという意味が込められています。

伊達ももの里マラソン大会(エントリー締切:5月25日)
伊達ももの里マラソン大会(エントリー締切:5月25日)

伊達ももの里マラソンの特徴と言えば、地元総出で至れり尽くせりの「おもてなし」。沿道での太鼓演奏やたくさんの応援が選手の力走を後押し、市街地から果樹畑まで景色の変化を楽しみながら走れる大会です。

トピックス最新記事

一覧へ
【ショップ通信】汗問題を解決する、軽くて動きを妨げないウエアが登場!
【ショップ通信】汗問題を解決する、軽くて動きを妨げないウエアが登場!

これからの季節にぴったり! 着た瞬間に軽さと肌触りの良さを感じる新作ウエアは汗問題も解決するこだわりの素材を採用しています。

【週刊ランナーズ】2時間44分で洞爺湖マラソン優勝の藤澤舞さん。 「月間走行距離を600㎞から400㎞に減らしました」
【週刊ランナーズ】2時間44分で洞爺湖マラソン優勝の藤澤舞さん。 「月間走行距離を600㎞から400㎞に減らしました」

5月20日(日)に開催された洞爺湖マラソンで、2時間44分20秒で女子総合優勝を果たした藤澤舞さん(43歳)。病院職員として働きながら、昨年までの自己ベスト(2時間50分22秒)を約6分更新した秘訣を聞きました。

『ランナーズ7月号』 2018年5月22日発売

『ランナーズ7月号』 2018年5月22日発売
【特集】秋のマラソンで確実にサブフォー達成!! 今夏「○○トレ挑戦宣言」しませんか?

【特集】秋のマラソンで確実にサブフォー達成!! 今夏「○○トレ挑戦宣言」しませんか?/川内優輝、ボストンマラソン優勝! 「100年に一度のチャンスを活かすことができた」/全日本マラソンランキング
【特別企画】見果てぬ夢のサブスリー/2474人が見上げた晴天の富士 UTMF/富士登山競走対策「新常識」

詳しくはこちら

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント