本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

高校の周り約800mをグルグル周回 52日間4989kmのレースがニューヨークにあった!

4989kmを走り切った歓喜の瞬間! 写真提供/ Sri Chinmoy Marathon Team


昨年9月5日(日)から10月26日(火)に高校と隣接する競技場の周り883mを5650周(計4989km)する「The 25th Annual Sri Chinmoy Self-Transcendence 3100 Mile Race」が米ニューヨークで開催された。過去25年の歴史の中で完走したのは51人。今年は7人が出場した。完走した日本人、瀬ノ尾敬済さん(39歳)に話を聞いた。

――はじめにどんなレースだったか教えてください。
瀬ノ尾 学校と競技場の周り1周約800mの硬い歩道で52日間以内に4989kmを走るレースです。これまでは夏に行われていましたが、今回はコロナの影響で9月スタートになったようです。ルール上、走っていいのは朝の6時から深夜0時の18時間で、それ以外は大会側が用意した宿舎から外出禁止でした。

――レースの途中でやめたいと思ったことはありましたか?
瀬ノ尾 
序盤に嘔吐、頭痛に襲われたり、すねに痛みを感じ、諦めそうになりました。すねは地元ドクターから「キャベツをまくといいよ」と信じがたい治療法を勧められました。ただ、試しに実践すると不思議と痛みが消えました。中盤からは脚が上がらなくなってすり足で進むようになり、シューズは19足はきつぶしました。周回コースはすぐに飽きて、精神的にきつかったですが、ゆっくり淡々と前に進み、毎日95kmを走ることを心がけていました。そんな中、救いだったのが、通りすがりの人や道で遊んでいる子どもからの応援でした。また、妻の激励や他の参加者とのコミュニケーション、ボランティアの方のサポートも大きな支えでした。

――ゴールした時の気分は?
瀬ノ尾
 ゴールタイムは51日12時間50分52秒。夜の7時という暗い中でしたが大勢の人に迎えてもらえて、自分の限界に挑戦できた達成感でいっぱいでした。

このレースに出場したキッカケなど、瀬ノ尾さんへのインタビュー全文はランナーズ2月号に掲載しています。


ランナーズ2月号、発売中!

今号は「フルマラソンの走り方を忘れてしまった!!」を緊急特集。"久々のフルマラソン"で快走するために必要な"脳力"と"走力"を高める方法を伝授。フルにエントリーしている方は必読です!

ランナーズ誌上初、犬の表紙が目印です。





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント