本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【月刊『ランナーズ』で2021年を振り返る!】富士山マラソン開催!ありがとう、さようなら福岡国際マラソン、フルマラソンの走り方を思い出すコツとは…~2月号編~

2021年もランナーとともに歩んだ『月刊ランナーズ』。誌上を賑わせた記事でこの1年を振り返ってみます!
今回は2月号(12月22日発売)から。

★2年ぶりに開催!晴天、紅葉の富士山マラソン

11月28日(日)、山梨県富士河口湖町は2年振りのマラソン開催を祝すような快晴で、富士山がくっきりとお目見え。
「みなさん、お帰りなさい!」大会アンバサダー、瀬古利彦さんの言葉に感極まるランナーも多かったのでは?
この日、第10回記念大会として開催された富士山マラソンを走ったのは4115人(完走3909人)。霊峰富士に背中を押されて走る姿、1km続くきつい上り、歓喜のゴール…、多くのランナーの姿が、2月号の誌面を飾りました。


★ありがとう、さよなら 福岡国際マラソン

12月5日(日)、最後の福岡国際マラソンが開催され、75年の歴史に幕が下ろされました。
1947年「金栗賞朝日マラソン」としてスタートし、66年に国際陸連後援の「国際マラソン選手権」となり、内外のトップランナーの憧れの大会となりました。瀬古利彦選手と宗兄弟の戦い(1979年)や、藤田敦史選手の日本最高記録(2000年)など、数々の名シーンを覚えている人も多いはず。誌面では、1971~1974年4連覇のフランク・ショーターさんからのメッセージ、12回目の出場となった川口優輝選手のインタビュー、そして今回最後のレースで完走した80人全員の雄姿を掲載しました。


★フルマラソンの走り方を忘れてしまった!その思い出し方は?

各地の大型大会再開に沸く一方、出場したランナーたちからは「楽なペースのはずだったのに失速した」「フルマラソンの走り方を忘れてしまった」という声も多く聞かれました。
そこで2月号では「フルマラソンの走り方を思い出すためのコツ」を緊急特集。
「久しぶりのレースという高揚感でエネルギーを過剰消費」「レースがなくなったことでスピード走や30km走をしなくなった」「ロング走不足で脂肪燃焼能力が落ちている」などなど、30km以降で頑張れない原因を専門家が分析。その対策を紹介しています。


私たち薄底シューズが大好きです!

トップランナーの間では厚底シューズ全盛時代ですが、「薄底好きランナー」を対象にアンケートをとると「ランナー本来の実力を表す鏡」「脚のバネは薄底でないと鍛えられない」「母指球で大地を蹴飛ばす感覚が好き」…と、薄底愛あふれるコメントが集まりました。
かつての「スピードモデルの王道」であった薄底シューズも、高反発プレートを搭載したものが出るなど、確実に進化しています。各社の最新10モデルを8人の薄底ファンに試してもらい、その良さを紹介してもらいました。



ランナーズ2月号、発売中!

今号は「フルマラソンの走り方を忘れてしまった!!」を緊急特集。"久々のフルマラソン"で快走するために必要な"脳力"と"走力"を高める方法を伝授。フルにエントリーしている方は必読です!

ランナーズ誌上初、犬の表紙が目印です。





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント