本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ピックアップ★レース

第45回高根沢町元気あっぷハーフマラソン(エントリー締切:11月20日)

開催日2018年1月14日(日)
開催地栃木県 高根沢町
大会オフィシャルページhttp://www.takanezawa-genki-uprun.jp/
種目ハーフマラソン、2km、5km、10km
参加人数前回大会:2838人(ハーフ1170人 10km462人 5km457人 2km749人)
参加賞、ほかスポーツタオルまたはランドリーバッグから選択

栃木県・高根沢町にて1月14日に開催される、高根沢町元気あっぷハーフマラソン大会。

日本陸連公認コースであるハーフマラソンは、田園地帯を望むフラットな直線を基調としたコース設定で、記録を狙うシリアスランナーにもおすすめ。「RUN as ONE – Tokyo Marathon 2019(準エリート/国内)」提携大会でもあり、招待選手の東海大学陸上競技部をはじめ、学生ランナーも多く出場するため、ハイレベルな走りを間近で楽しめる大会です。
選べる参加賞にはスポーツタオルとランドリーバッグを用意。ゴール後にもらえる温かい汁物もうれしいサービスです。今年から全レースのゴールシーンをとちぎテレビのスマホアプリ「とちテレアプリ」で動画配信。思い出のゴールを動画で楽しむことができます(大会翌週末から2ヵ月間配信予定)。

走り終わった後は、ぜひ大会名にもなっている『高根沢町元気あっぷむら』へ! 天然温泉や地元産食材を使った食事処、農産物直売所、子どももうれしい公園や遊具などがある、食と健康のための複合施設です。高根沢ちゃんぽんや高根沢ジェラートなど、高根沢ローカルグルメもぜひ味わってみてください。

新年の走り初めに、高根沢町元気あっぷハーフマラソンで自己記録更新を目指してみませんか?

ハーフ、10km、5km、2kmの4種目全15部門を用意。大人から子どもまで参加できる

ハーフ、10km、5km、2kmの4種目全15部門を用意。大人から子どもまで参加できる

アップダウンの少ない、フラットなコース設定。好記録を狙おう

アップダウンの少ない、フラットなコース設定。好記録を狙おう

学生ランナーも多く参加し、レベルの高い走りが楽しめる

学生ランナーも多く参加し、レベルの高い走りが楽しめる

高根沢町マスコットキャラクター『タンタン・モモタン』も会場で参加者を応援

高根沢町マスコットキャラクター『タンタン・モモタン』も会場で参加者を応援

掲載日:10月2日

エントリーページへ 前回の大会レポを見る

新着・ピックアップ★レース