本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍

ランナーズ最新号

ランナーズ2019年1月号

サムネイル:ランナーズ2019年1月号

2018年11月22日発売
特別定価:980円

特集
だれでもできる、明日からできる
日本全国通勤ラン
特集
もっともっとスクワット拡大版
別冊付録
2019ランナーズダイアリー

特集ページ:だれでもできる、明日からできる<br />日本全国通勤ラン

だれでもできる、明日からできる
日本全国通勤ラン

「仕事着を〝軽量化〟し、後半5kmペースアップ」「ランニングシューズを会社に常備」「リュックの中にペットボトルを2本」等、通勤ランナーたちの工夫を一挙公開!

特集ページ:もっともっとスクワット拡大版

もっともっとスクワット拡大版

過去の連載に登場した12人のスクワットを一挙掲載! 順天堂大学の柳谷先生がその方法を解説します。あなたにピッタリのスクワットも見つかる?!

特集ページ:2019ランナーズダイアリー

2019ランナーズダイアリー

日々のトレーニングやレースの結果を書き込む「ランナーズダイアリー」。今年はマンスリーページに「練習やその他の予定」、ウイークリーページに「練習結果」を書き込むという構成になっています。

特別企画

  • 「意志」の積み重ねでかなえる「憧れ」 フォーエバー・サブフォー

    「月間200km以上走る」「毎日腹筋100回」「アップダウンのあるコースを選んで走る」etc……。
    様々な「意志」を積み重ね、加齢に負けずに4時間を切り続けているランナーたちを紹介します。

  • 第31回 ランナーズ賞受賞者の横顔

    ・伊藤3 姉弟(東京・長野・神奈川)
    3人とも(69~76歳の部)で年齢別ランキング10位以内
    ・大久保淳一さん(54歳・東京)
    がん闘病生活を乗り越えてサロマンブルーを達成
    ・山崎常行さん(78歳・福岡)
    78歳になった今でも「1番」を目指して挑戦を続ける

  • 完走者数は、何と5万2812人! ニューヨーク・シティーマラソン

    今年のニューヨークは快晴! 沿道の応援やランナーの姿を写真で伝えます。

連載

見果てぬ夢のサブスリー
もうサブスリーはできないとわかっているけど、でも心のどこかでは……。「サブスリー」という響きに魅せられたランナーたちに贈るオマージュ。第1回は連載「ウルトラにっぽん」を執筆している作家の植松二郎さん(71歳)

山梨学院大学陸上競技部が挑む箱根駅伝
疾風勁草知(しっぷうにけいそうをしる)

文/上田誠仁

谷川真理が行く
「ひざ痛解消目指して裸足ラン、始めました」

現役時代からのひざ痛を抱える谷川さんが注目したのは「裸足ラン」! その効果を、裸足でフルマラソン2時間45分の高岡尚司さんと語ります。

今月の川内家
箱根駅伝は予選会に出るのも難しい
文/川内鴻輝

ランニングが家族の絆
「夫婦の時間はマイナス15℃の中の早朝ジョグでした」
高見澤勝さん(37歳)、清子さん(41歳)、大夢(ひろむ)君(5歳)

TOPRUNNER の週間健康「ランニング」日記
全日本大学駅伝で打倒関東なるか
高尾憲司さん(43歳) 立命館大学陸上競技部長距離ブロックコーチ

走る仲間のひろば
表紙モデルのハーフマラソン「優勝」記、
イタリアの泥んこフルマラソンなど、
国内外のレースレポートが充実

日本を走ろう
物見山(群馬県下仁田町) 写真/中島健一

ランニング人生の楽園
農業とランニングのために「毎日筋トレ3部練」
舛水勝壽さん(神奈川県・76歳)

マイトレーニング
週1 〜2回の夜勤明け40km走で
43歳にして初の2時間30分切り
渡部裕之さん(奈良県・44歳)

ウルトラにっぽん
「走るのは大嫌い」だったはずがスパルタスロン完走11回の鉄人に
古山孝子さん(東京・65歳) 取材・文/植松二郎

マラソンの行方
お洒落オリンピアン(米重修一)に会って考えさせられた
女子マラソンはなぜ低迷しているのか
文/武田薫(スポーツライター)

恩師への手紙
松本翔さん(33歳)→横山美和先生(51歳)
『文武両道(東京大学進学)』を目指して
特別にご自宅に下宿させていただきました」

高校陸上部訪問「希望の星」
埼玉県の強豪は多彩な筋トレで鍛える
花咲徳栄高等学校(埼玉県)

岩本能史「薀蓄(うんちく)」の食歴書
上海蟹と味がソックリな近親種は
日本各地の川で獲れる「モクズガニ」

藤原 新「マラソンランナーとして生きる」
1カ月間〝ぴょんぴょん〟跳ね続けて駅伝快走
2007年に「捻挫をして良かった」

ニッポン全国 俺の坂
高校球児との挨拶が続く〝関根坂〟
勾配約13%の急登〝レルヒ坂〟
曽根法男さん(新潟県・56歳)

科学と走るランニング
持久力は長期間のトレーニング量に比例する(?)
文/難波秀行(日本大学理工学部准教授)

バックナンバーを見る

ランナーズバックナンバー

  • サムネイル:ランナーズ2019年1月号

    2019年1月号

    【特集】
    だれでもできる、明日からできる
    日本全国通勤ラン

  • サムネイル:ランナーズ2018年12月号

    2018年12月号

    【特集】
    やっぱり大事なのは股関節&肩甲骨
    今すぐできる「快走ポーズ」

  • サムネイル:ランナーズ2018年11月号

    2018年11月号

    【特集】
    美女トレーナー推奨のV字腹筋って?!

  • サムネイル:ランナーズ2018年10月号

    2018年10月号

    【特集】
    至福の“ヘトヘト疲労”を味わう
    35km走が、マラソン快走に効く?!

  • サムネイル:ランナーズ2018年9月号

    2018年9月号

    【特集】
    苦しい手前の快適走で効果あり
    速くなるには、スピード走が絶対大切!

一覧へ

  • MCC
  • ランフォト
  • 2018ランナー世論調査
  • RUNNET TRAIL
  • 世界のマラソン情報 ツアー情報 海外マラソンガイド
  • TeamR2
  • お得情報満載!メールマガジン
  • ランナーズポイントRUNPO(ランポ)
  • RUNNET GLOBAL
  • facebook
  • twitter
  • BSI