本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍

ランナーズ最新号

ランナーズ2017年9月号

サムネイル:ランナーズ2017年9月号

2017年07月22日発売
定価780円

特集
走る女はホントに美しい!!
TeamR2登場。
特集
瀧花さんはナゼ
ひざ痛になってしまったのか?
特別企画
誌上ランニングラボ 特別編
激坂実験隊

走る女はホントに美しい!!
TeamR2登場。

特集ページ:走る女はホントに美しい!!<br> TeamR2登場。

ランニング親善大使、TeamR2。「つくばマラソン優勝」
「フル自己ベスト2時間39分4秒」「移動ランを日課に
している走るアナウンサー」など10人のメンバーの
「走る女はホントに美しい」を披露します。

瀧花さんはナゼ
ひざ痛になってしまったのか?

特集ページ:瀧花さんはナゼ<br>ひざ痛になってしまったのか?

ランナーのおよそ3割が悩まされている「ひざ痛」。
なぜ、ひざは痛くなってしまうのか?
走り始めの人も、走り過ぎている人も……。
つまり、大部分のランナーが「ひざ痛予備群」です。
ひざ痛予防のポイントは「ツッパリ感」。気になった人は、
27ページへ!

誌上ランニングラボ 特別編
激坂実験隊

特集ページ:誌上ランニングラボ 特別編<br>激坂実験隊

上り坂をハアハア言いながら走り(写真)、
下り坂で重い脚を動かしながらペースアップ。
坂トレの「お得」な効果を分析します!

特別企画

  • 【特別企画】6日間で713km走る稲垣寿美恵さん(51歳)の故障予防
    足首「ぐるぐる」、
    脚「くるくるとんとん」

    どこでもできて、とっても簡単。
    超長距離の女王・稲垣寿美恵さんが実践する
    身体の歪みを「リセット」する方法です。

  • 【特別企画】脱・腹痛症候群

    多くのランナーがレース中に味わったことのある「腹痛」。
    箱根駅伝4年連続区間賞の大塚正美さんが自身の対策を語ります。
    ドクターランナーによる痛み別の対策紹介も。

  • 【特別企画】ひと工夫すれば「質も量も」一石二鳥!
    真夏のランナーどう走る?

    「走ら(れ)ない」言い訳を探せばキリが無い、
    アツ~い夏。今回は趣向を凝らしたイベントや、
    そこに集う参加者たちの力を借りながら「夏を楽し
    く走って、乗り切る」方法をご紹介。今年の夏は、
    楽しく走りながら「質と量」を求めてみませんか?

  • 【隔月連載】東京五輪からTOKYOへ

    取材・文/北村弘一(毎日新聞編集委員)
    第1回「1964年東京五輪 君原健二さん」
    2020年東京五輪へ向けて、かつてのマラソン五輪代表が
    自身の経験と後輩への期待を語る連載が隔月で始まります。

  • 【好評連載】寝ても覚めてもサブスリー
    座談会 in 「太田走友会」

    根本会長の「54歳で初サブスリー」を支えたのは、
    仲間のサブスリーランナーたちからの
    アドバイスとサポートでした。

  • 【トピックス】第32回サロマ湖100kmウルトラマラソン

    男子総合優勝 板垣辰矢さん(29歳)世界記録まであと45秒
    女子総合優勝 加納由理さん(38歳)初の100kmチャレンジ

  • 【レースレポート】

    《日光100㎞ウルトラマラソン(第1回大会)》
    夏のぜいたくラン旅行!?
    《隠岐の島ウルトラマラソン》
    「人情の島」に揺れる大漁旗
    《ゴールドコーストマラソン》
    さわやかな気候と日・英語の応援が
    ランナーを後押し
    《美ヶ原トレイルラン》
    荒天、コース変更で主催者はひと苦労
    一方、参加者はトレランの魅力を再確認

連載

来たる7月28日に行われる富士登山競走
「女性ランナーたちの挑戦」

レース当日は絶対ポジティブ脳で!

フォーエバー・サブフォー
「練習しない時はフル5時間台……、
必死に走り込みました!」
櫻木伸一さん(49歳)
文/山口一臣(走るジャーナリスト)

新連載 「真理さんに相談」
読者から谷川真理さんに速くなる練習法、
フォームのこと、気持ちの持ち方などを質問。
真理さんが自分の言葉で答えます。

日本を走ろう
「若草山」(奈良県) 写真/塩川真悟

TOP RUNNERの週間健康「ランニング」日記
福島県立医科大学会津医療センター
整形外科・脊椎外科学講座教授 白土 修さん(61歳)
本番2日前にも執刀!
大雨のサロマを完走した“腰痛治療の権威”

恩師への手紙
上田瑠偉さん(トレイルランナー)
→高見澤勝先生(佐久長聖高校駅伝部監督)
私が主将を務めた全国高校駅伝は
佐久長聖の「過去最低」順位でしたね

喜多秀喜のわが道を行く
常に山を走り続けたランニング人生だった

マイトレーニング
片岡哲朗さん(愛知県・33歳)
元東大陸上部ランナーの昼休みは
大忙しのちょいキツ6.5㎞ラン

ウルトラマラソン完走記
「絶対に諦めない」
病に打ち勝ち削りだした“6秒”
チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(118km)
文/佐藤時夫さん(65歳)

高校陸上部訪問「希望の星」
埼玉県立松山高等学校(埼玉県)
坂だらけの東松山の地を活かし
3年間かけて成長していく

マラソンの行方
「日本選手権でみた世代交代
若者たちはコーチをどう見ているのか」
文/武田 薫

生涯現役ランナー宣言
一色高明さん(66歳)
病気がきっかけの初マラソン
心臓の名医はゆったりランナー

神奈川大学「復活優勝」への道
学生マネージャーなくしてチーム運営は成り立たない
文/大後栄治(神奈川大学陸上競技部監督)

ウチの朝ごはん
北村弘一さん(毎日新聞編集委員)

走る仲間のひろば
今号よりレース出走記、盛りだくさん!

バックナンバーを見る

ランナーズバックナンバー

  • サムネイル:ランナーズ2017年9月号

    2017年9月号

    【特集】
    走る女はホントに美しい!!
    TeamR2登場。

  • サムネイル:ランナーズ2017年8月号

    2017年8月号

    【特集】
    保存版
    脱「オーバーペース症候群」

  • サムネイル:ランナーズ2017年7月号

    2017年7月号

    【特集】
    全日本マラソンランキング

  • サムネイル:ランナーズ2017年6月号

    2017年6月号

    【特集】
    あなたの練習が変わる?!
    トレーニングの新常識

  • サムネイル:ランナーズ2017年5月号

    2017年5月号

    【特集】
    ランナーの心躍った2月
    1カ月で約13万人がフルマラソンを走った!

一覧へ

  • MCC
  • 2017ランナー世論調査
  • RUNNET TRAIL
  • 世界のマラソン情報 ツアー情報 海外マラソンガイド
  • TeamR2
  • お得情報満載!メールマガジン
  • ランナーズポイントRUNPO(ランポ)
  • RUNNET GLOBAL
  • facebook
  • twitter
  • BSI