「オイシイ」トレイルコース
  • 第12回:
  • 足神さんで注目のパワースポットを走る

戸隠(長野)

  • (1)約12km、(2)約20km
  • (1)2~2.5時間、(2)3~4時間
天命稲荷は小さいが、神秘的な雰囲気を醸し出す

天命稲荷は小さいが、神秘的な雰囲気を醸し出す

 戸隠山はまるで一隻の屏風のよう、ギザギザの岩がずどんとそびえ立っている。その真下に戸隠神社奥社。主祭神はアメノタジカラオ、天の岩戸を引き開け、隠れていたアマテラスをこの世にお迎えした怪力の神、お相撲さんの神でもある。で、アメノタジカラオがあまりに勢いよく引っぱり、はずみで天の岩戸は、高天原から信州戸隠にまで飛んできたという。まさに戸隠山がそれであるという。
 ともかく戸隠神社奥社は参道入口からかなり遠い。まっすぐ2㎞はあるだろう。つまりはそれくらい大きな、深い森に取り囲まれているわけだ。うまい具合にトレイルがぐるりとひとまわりしている。勝手に名づけて戸隠奥社トレイル(コース1)。奥社バス停からさかさ川歩道に入り、反時計回りだ。森と池を巡るおごそかなトレイルだ。途中、戸隠30名所のいくつか、足の神もそのひとつ、があらわれる。ぐるり1周で約12㎞、2時間。
 で、平安の頃から多くの人が詣でた戸隠山、長野市内善光寺からの参詣道があって、現在は飯綱高原・台座法師池から奥社バス停までが、戸隠古道の名で整備してある。信濃路自然歩道と重なるが多くは舗装路バードイラインに沿っていて、まず道に迷うことはない。奥社からだとゆるやかな下り、いやあ気持ちよく走れる。さてさて、台座法師池まで下ると、そこから先の選択肢は3つ。「川中島バス」で戸隠に戻るか、同じくバスで長野市内に進むか。3つ目はそのままUターン、走って戸隠に戻る(コース2)か、だ。片道およそ10㎞、戻りはいささか上りになる。さ、どうします?
 戸隠古道、戸隠の町の中は分岐が多く、複雑なり。詳しい地図(戸隠30名所も掲載)を町の蕎麦屋、土産店で手に入れておこう。
 詳しくは戸隠観光協会まで。

足神さんの祭神はお万という女性。一夜で三十里(約120㎞)走ったという伝説も

足神さんの祭神はお万という女性。一夜で三十里(約120㎞)走ったという伝説も

戸隠は近年パワースポットとしても人気を集めており、道案内もしっかり立てられている

戸隠は近年パワースポットとしても人気を集めており、道案内もしっかり立てられている

コース1

※マップのコースは手動で作成しております。多少の誤差はご容赦ください

コース2

※マップのコースは手動で作成しております。多少の誤差はご容赦ください

プロフィール

内坂庸夫
(うちさか・つねお)

内坂庸夫(うちさか・つねお

雑誌『ターザン』でトレランの連載「Trail run king」「Trail run,ran,run」を担当。
多くのトレイルコースをガイドしている。初フルマラソンは2007年東京マラソン、3時間46分。

トレイルメルマガ

トレイルメルマガ