優勝者たちのマイトレーニング

第12回
イメージを追い求め、富士登山競走優勝
富士登山競走(2008年・山頂コース)優勝
横山 忠男 さん
身体と相談し体調管理を万全に

2008年の富士登山競走を制した横山さん。前年2位の悔しさを晴らした
 横山さんの勤務スケジュールは、とてもハードなものだ。週ごとに勤務形態が変わるため、夜勤の週は思うようにトレーニングができない日も、たびたびある。土日祝日は完全休暇とはいえ、体調管理には特に気を配っているとのこと。
 トレーニングは、仕事に合わせて週単位で考える。山での長い走り込みは週末に行い、平日はランニングの他に、スポーツジムでの補強やロードバイク、スイムなどを取り入れている。
「以前、ショートのトライアスロンをやっていたことがあって、スイムは自己流なんですけど。自転車もよく乗ります」
 平日5日間のうち、3日は15〜20kmのランニング。ロードを20kmジョギングしたり、余力があるときは上りと下り往復で約40分のトレイルを走って、短時間で強度を上げたりと、日によって変化をつけている。あとの2日は、スイムの場合はイーブンペースで2〜3km、ロードバイクなら40〜50km走り、暖かくなった最近では赤城山のヒルクライムも入れる。スポーツジムでは、斜度をつけたトレッドミルやステップマシーンなどを中心とした補強トレーニング。週末は土日のどちらかにホームグラウンド、桐生の吾妻山(標高481m)へ。3時間で30kmほどを、ミドルペースでじっくり走り込む。
 いつ何をやるかはほとんど決めずに、気分や体調によってその日のメニューを決めているという。
「20代の頃はトレーニングをきっちりと決めて、ノルマのようにやっていました。でもそういうのは気持ちが乗らないと全くダメなんですよね」

前へ戻る 続きを読む
横山 忠男
横山 忠男(よこやま・ただお)
1970年生まれ。群馬県前橋市在住。中学、高校と陸上部に所属。社会人になってから出場した山田昇杯をきっかけに、トレイルの世界へ。数々のレースに出場し、一躍トップクラスのランナーに。2008年には富士登山競走で優勝を飾り、キナバル・国際クライマラソンでも3位に入賞した。
取材・文/須藤ナオミ
写真/松岡幸一、フィールズ、本誌編集部
バックナンバー

トレイルメルマガ

トレイルメルマガ