本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

おすすめ

OSUSUME

アンダーアーマーから新発売! スマートランニングシューズの実力とは?(PR)


アンダーアーマーの「UAホバーソニック3」は、シューズにセンサーが内蔵され、スマートフォンと連動することで、走行中の各種データが計測できるスマートランニングシューズ。
シューズがパーソナルコーチになってくれる、今回は、そんな次世代トレーニングの流れを紹介します。

前回の記事はこちら


まずは専用アプリをダウンロード

まずはIOS、Androidでリリースされているアプリ「Map My Run」をダウンロードします。


スマートフォンとシューズの接続はとてもスムーズ

アプリをダウンロードして自身のアカウントを作ればあとは簡単。シューズとの接続は自動的にセットアップが始まるので指示通りに進めるだけです。セットアップは数分で完了!


手持ちのデバイスを接続する

手持ちのデバイスとも接続できます。AppleWatch、スント、フィットビットなど、それぞれのアカウントのデータも共有可能なので精度の高いランニングデータを収集できます。


イヤホンを使えば、走行中にペースや心拍数を音声でお知らせ

腕時計タイプのデバイスは、チラチラと時計へ目を落としながら走ってしまいがち。
その点、イヤホンを接続して使えば、あらかじめ設定したペースや心拍数などを“音声”で知らせてくれるので、視線はいつも前方へ置き、走りそのものに集中できます。

写真は、アンダーアーマーからリリースされている「JBL UA SPORT WIRELESS FLASH ワイヤレスイヤホン 」。
もちろん音楽も聴けるので、さまざまな使い方ができそう。


自分に適したピッチとストライドを“指導”してくれる

走行中、ピッチとストライドを1kmごとに音声で教えてくれ、「ピッチが低いようです、もう少し上げましょう」「ストライドを狭めてピッチを上げましょう」といった “指導”をしてくれます。
通常のトレーニングアプリなどでは、細かなデータは走り終わった後に確認することが多いけれど、「UAホバーソニック3」は、走行中に“指導”が入るので、その場で自分の走りを修正することがでます。
「コーチがいるよう」な感覚で、密度の高いトレーニングができるはず。

UA ホバーソニック3 11,000円(税別)

UA ホバーソニック3 11,000円(税別)

ハーフレングスのホバークッショニングで安全性と快適さはそのままに、前足部で強く蹴り出せるため、スピードにも対応可能。ホバークッショニングをもっともリーズナブルに体感できるモデル。







記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント