本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

おすすめ

OSUSUME

あなたのランニングストーリーは?(PR)

ランナー向けイヤホンシリーズの「Jaybird」が、ランニングにまつわるストーリーを募集しています。

「なぜ、わたしは走るのか」
「走りはじめたきっかけと、今後の目標」

など、テーマは自由。
あなたのランニングストーリーをお寄せください。

採用された方には、シリーズ最高峰モデルのイヤホン「Jaybird TARAH PRO」をプレゼント!
さらに、ストーリーをRUNNETに掲載させていただきます。

※RUNNETとSNSへの掲載のため、レース中やランニングをしている時の写真をご提出いただきます。

募集期間:1月25日(金)~ 2月8日(金)
文字数:500字程度
採用ストーリー数:4件(予定)



ストーリーの例

(Jaybird所属ランナー 辻 麻結子さん)
走ることで一番自分らしく、自分がいちばん好きな自分でいられます。私の元気と笑顔の素です!走ることって年齢関係なくできるし、ウルトラマラソンとかだと、年代が上の方が上位だったり。他のスポーツだと若くて瞬発力がある方が有利だったりするけれどランニングはそうじゃない所が好きです。

よく「そんな走って苦しいのが好きなの?」と聞かれますが、最近わかったのは、別に苦しいのが好きだから走っているわけじゃなくて、苦しいのは嫌だからこそ練習をして苦なく速く走れるようになりたいと思っている。ということです(笑)でも走るのが好きという前提です(笑)

100kmマラソンに初めて出場したのが2年前の京丹後ウルトラマラソンでした。社会人になる前に何か面白いことをしたいという理由でフルマラソンの距離も走ったことないのに出場し、両親も完走できないのではと心配していました。

スタートは朝早いし坂も多いしゴールまでの道のりは遠いし、初めての距離に苦しくなる場面も多かったですが、美しい景色と自分と向き合いながら走る時間、そして何よりゴールした時の達成感にウルトラマラソンの魅力を感じました。ウルトラマラソンを好きになるきっかけをくれた京丹後で家族にかっこいい姿を見せたいです!


驚異の14時間連続再生。高音質でウルトラマラソンも走れる、スポーツイヤホンJaybird TARAH PRO

走りに集中できるフィット感と妥協のない音質を兼ね備えた、ランナーのために開発を続けるスポーツブランド「Jaybird」から発売されたシリーズ最高峰モデル。

参考価格 1万9880円(税抜)
本体サイズ 543mm×20mm×22mm
本体重量(ケーブル含む)19.6g
充電方式 USB充電

※ブラック、ミネラルブルー、チタニウムのカラー展開


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント