本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

参加ランナーにきいてみました! GPSマラソンってどんな感じ?

コロナ禍による、相次ぐ大会中止。
目標レースが消えてしまったことの無力感、落ち込み・・・。今、全国のランナーが歯がゆい気持ちを共有しています。

そんな中、注目され始めているのが「GPSマラソン」。
GPSアプリなどによる距離とタイムの計測によって、全国の参加ランナーたちとオンラインで「繋がった」ランニング、レース体験ができるというスタイルのマラソン大会です。

GPSマラソンを行って最初に注目されたのが「名古屋ウィメンズオンラインマラソン」でした。
今年3月、2万2000人の女性ランナーが走るはずだった「名古屋ウィメンズマラソン2020」。その中止となった一般の部にエントリーしていたランナーのために催されたものでした。

ルールは、本番さながら一度に、または4回に分けて42.195kmを完走するタイプ、約2ヵ月間の開催期間内に少しずつ距離を重ねる累積走行距離タイプなどから参加タイプを選び、42.195kmを刻む、というもの。

ランニング環境やマナーに対しても気遣いが求められる中、参加したランナーたち。場所は別々でも、同じ大会への思いを胸に、それぞれの頑張りをオンラインで感じることができたその体験は、なかなか大きなものだったようです。
参加ランナーの声を聞いてみました!



GPSマラソン。やってみたら頑張れた!

★本来なら一緒に名古屋に行くはずだったラン友たちとオンラインマラソンをスタートしました。それ以降はコロナの影響もあり一緒には走れませんでしたが、それぞれのペースで完走に向け、励まし合いながら頑張りました。できるだけ人の少ない道を選び、マスクランやバフランというスタイルは、このような状況下で走る者として最低限のマナーと思い、今も必ず着用しています。
(兵庫県・らんらんさん)

★当初は、オンラインでマラソンを走るということがうまくイメージできず、なかなか始められませんでした。でも、自身と同じように今回マラソンに出場できなかった方々がオンラインマラソンを完走されている姿をインスタグラムで拝見し、少しずつモチベーションが高まりました。コロナウイルスが流行し、容易に外出するのもはばかられるなかでしたが、人通りの少ないコースや時間帯を見計らって、何とか完走することができました。アプリで実際に走った距離を確認し、今日はこれだけ走ることができたと実感でき、日々走るごとに少しずつ自信をもてた気がします。
(愛知県・Akiさん)

★年度末から仕事や家庭のことで気分的に落ち込むことが多く、走ろう!という気になれませんでした。でも、オンラインマラソンで少し目標がもてたことと、順位が出ることがモチベーションになり、気持ちも持ち直せました。走ることによって気分が上げられるということを、実感させられました。
(静岡県・ティモンさん)





毎日順位を見て少しでも順位を維持できるようにとモチベーションキープしてました(愛知県・くりみさん)

毎日順位を見て少しでも順位を維持できるようにとモチベーションキープしてました(愛知県・くりみさん)

目標どおり走れました! 距離を増やすため、休日前は職場から自宅まで走って帰りました(静岡県・ゆうこさん)

目標どおり走れました! 距離を増やすため、休日前は職場から自宅まで走って帰りました(静岡県・ゆうこさん)

今回はGPSアプリ「TATTA」を利用して計測し、ランキングを集計しました

今回はGPSアプリ「TATTA」を利用して計測し、ランキングを集計しました



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント