本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

100km7時間切り19回はギネス級(!?) サロマ湖100km8位の能城秀雄さん(47歳)

2024年7月04日

今年のサロマも安定した走りで8位に入った

今年のサロマも安定した走りで8位に入った


「能城さんがんばれ!」「能城さん!」
6月30日に開催されたサロマ湖100kmウルトラマラソンで、優勝した山口純平選手に劣らず、沿道やすれ違うランナーから多くの声援を浴びていたのが6時間53分35秒で8位に入った能城秀雄さん(47歳・千葉)です。100kmを6時間台で走ったのはこれが19回目(トラック含む)といい、「次で20回です。これだけの回数6時間台で走ったランナーは世界でも聞かないので、もしかしたらギネス記録級かもしれませんね(笑)」と話します。

能城さんはこれが20回目のサロマ湖100kmウルトラマラソン出走で、18回目の完走。過去3度優勝しており、2014年には100km世界選手権で日本勢最高の4位に入りました。調子を落としていた時期もあったそうですが、昨年の柴又100Kでは6時間43分53秒で総合3位と復活。「加齢によってスピードが落ちてきたので、100m×10本や1分ダッシュ×10本を取り入れたのが良かったと思います」。日本勢が3大会連続で100km世界選手権金メダルを獲得するなどの活躍もあり、近年は国内でもウルトラマラソンへの注目が高まりつつあります。「認知度が上がってきたことを実感できているので、うれしいですね。私が代表の頃は周囲に日本代表と伝えても『何それ?』という反応のことも多かったです」

今後の目標は100km6時間台で走り続けることと、あと2回に迫ったサロマ湖100kmのグランドブルー(20回完走者に贈られる称号)。「ウルトラマラソンはレース中もそうですが、長期間で見ても浮き沈みがある競技です。多くのトップ選手は成績が出なくなった時期に辞めてしまうのですが、私は走ることが好きだから続けられました。50代になっても6時間台で走りたいですね」



ランナーズ8月号 6月21日発売!


大特集 ハーフマラソンを走ろう!
&2023年度ハーフマラソン1歳刻みランキング

昨年から月刊ランナーズ誌上に上位100位の氏名を発表しているハーフマラソン1歳刻みランキング。2023年度は前年度より25多い109大会がランキングの対象大会となりました。100位以降の方もRUNNETで自身の順位を検索可能。
確認後は、来年の順位アップを目指して全国のハーフマラソンにエントリーしませんか?


暑さを味方にする練習法
今夏は「サンセットロング走」

例年通りかそれ以上の暑さになると予想されている今年の夏。
そんな夏でもロング走を継続したいと考えている皆さんにお勧めなのが、夕方以降に行う「サンセットロング走」です。
東京五輪にも関わった暑熱対策の専門家やサブスリー気象予報士、ランニングコーチが夕方にロング走をすることの利点やそれによって得られる効果を説明します。

特別対談
藤原新(ロンドン五輪代表)&宮原徹(富士登山競走大会記録保持者)
「山を走ると本能がリセットされる」

ロンドン五輪代表の藤原新さん(スズキACヘッドコーチ)と富士登山競走大会記録保持者の宮原徹さん(滝ヶ原自衛隊)は長崎県立諫早高校時代の先輩と後輩。
当時から山を走っていたという2人が山の魅力を語り合いました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ