本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

箱根駅伝で過去最高の3位 城西大学・櫛部静二監督が語る「アフリカ勢と戦うためには低酸素トレーニングが最適」

2024年6月18日


現在発売中のランナーズ7月号では、今年の箱根駅伝で過去最高の3位という結果を残した城西大学の櫛部静二監督に、同大学が実施している低酸素トレーニングの導入理由や効果について聞いたインタビューを掲載しています。今回はその一部をご紹介します。


********


――今年の箱根駅伝では目標に掲げていた3位に入りました。以来、多くのメディアで城西大学が取り組んでいる低酸素トレーニングが注目されていますね。

「大学の設備が整っていることもあって、注目していただいています。ただ、我々としては低酸素トレーニングだけではなく、クロカンやウエイトトレーニングなど、様々なトレーニングにバランス良く取り組んでいる、その成果が出たのではないかと思っています」

――櫛部監督が低酸素トレーニングに注目したのはいつ頃からだったのでしょうか。

「高校時代です。私は高校2年、3年と連続で世界クロカンに日本代表として出場したのですが、そこでアフリカ勢に全く歯が立ちませんでした。当時はヱスビー食品にダグラス・ワキウリさんがいて高地トレーニングが注目されてきているので、自分も興味を持ったんです。早稲田大学時代はスポーツ科学を学ぶ学部でそういった分野の勉強をしていて、実業団に入ったら高地合宿をしたいと思っていたんですが、なかなかタイミングが合わなくて行くことができなかった。念願かなってアメリカのボルダーに行くことができたのは、ヱスビーを退社した後です。ただ、高地トレーニングに適応するには若い方が良くて、当時の自分には遅すぎました。その後エチオピアでゲブレシラシエらの練習も見ることができ、「学んだことを次世代へ活かそう」と思いました」

――実際に指導の現場に取り入れるようになったのはいつ頃からですか?

「テクノロジーが進んできたおかげで、13年ごろにはポータブル型の機器を使えるようになりました。当時は1台80万円ぐらいで、徐々に台数を増やしていきました。低酸素テントやカプセル型の低酸素ルームといった環境で長期間生活する方法も検討したことがあったのですが、学生は授業があるという点から難しかった。そのため、トレーニング時に低酸素ルームを使用する、という方法に注力するようになりました。効果を確信したのは、村山(紘太=現・GMOインターネットグループ)が1万mで27分29秒という当時の日本記録を樹立するなど活躍してきた頃です。現在大学で使用しているトレーニングルームは大学に企画書を提出して承認を頂き、19年に完成しました。部員たちが積極的に取り組むようになったのは東京五輪を目指してうちで練習したいと言ったOBの山口浩勢(現加藤学園副顧問)が3000m障害で約10秒記録を縮め、五輪に出場したことがキッカケですね」

――箱根駅伝の距離でも効果があるのでしょうか。

「もちろんです。低酸素下でトレーニングをすることでLT値(乳酸性作業閾値)が改善するので、箱根駅伝でもより速いペースで押していけるようになります。本当に瞬発的な運動以外は、どの距離の種目でも効果があると考えています。うちにはケニアからの留学生ヴィクター・キムタイ(昨年の全日本大学駅伝3区区間賞)もいますが、彼に近い能力を身につけるには低酸素環境下でのトレーニングが最適だと指導の中で感じています。機器の発展のおかげで私自身が長年考えていたことが試せる、いい時代になったと思います」

********


インタビュー全文は発売中のランナーズ7月号に掲載しています。ぜひご覧ください。



ランナーズ8月号 6月21日発売!


大特集 ハーフマラソンを走ろう!
&2023年度ハーフマラソン1歳刻みランキング

昨年から月刊ランナーズ誌上に上位100位の氏名を発表しているハーフマラソン1歳刻みランキング。2023年度は前年度より25多い109大会がランキングの対象大会となりました。100位以降の方もRUNNETで自身の順位を検索可能。
確認後は、来年の順位アップを目指して全国のハーフマラソンにエントリーしませんか?


暑さを味方にする練習法
今夏は「サンセットロング走」

例年通りかそれ以上の暑さになると予想されている今年の夏。
そんな夏でもロング走を継続したいと考えている皆さんにお勧めなのが、夕方以降に行う「サンセットロング走」です。
東京五輪にも関わった暑熱対策の専門家やサブスリー気象予報士、ランニングコーチが夕方にロング走をすることの利点やそれによって得られる効果を説明します。

特別対談
藤原新(ロンドン五輪代表)&宮原徹(富士登山競走大会記録保持者)
「山を走ると本能がリセットされる」

ロンドン五輪代表の藤原新さん(スズキACヘッドコーチ)と富士登山競走大会記録保持者の宮原徹さん(滝ヶ原自衛隊)は長崎県立諫早高校時代の先輩と後輩。
当時から山を走っていたという2人が山の魅力を語り合いました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ