本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

新谷選手が重視するトレーニングのポイントとは? アディダスのイベントで明かす

2024年6月04日

普段のトレーニングについて明かした新谷仁美選手(中央)

普段のトレーニングについて明かした新谷仁美選手(中央)


女子1万mとハーフマラソンで日本記録(30分20秒44、1時間6分38秒)、マラソンで日本歴代3位のタイム(2時間19分24秒)を持つ新谷仁美選手が5月30日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場で開催されたアディダスジャパンのイベント「adidas ADIZERO SL 2 ATHLETE SESSION」に出席し、普段どんなトレーニングをしているのかを語りました。

「練習は1日に3回です。まず早朝に走り、午前中はフィジカルトレーニング。ランニングという動作に必要な身体の準備をします。午後も夕方などに走ります。朝練習は身体を休める日と、試合を想定したハードな練習という2つのパターンに分かれ、午後の練習はほぼジョグ。私は朝にしっかり練習してからご飯を食べることにしています」

新谷選手の月間走行距離は800~900km。「トレーニングの7~8割はジョグ。ジョグの質をどれだけ上げられるかが大切」と話します。

「ジョグはリラックスして行うことが大前提で、レースやハードなトレーニングのような緊張感を持つ必要はありません。一方で、ただ身体を休めるためではなく、テンポ良く一定のリズムで走ることも大事です。速く走ればいいというわけではないのですが、次のハードな練習で身体が動くように、自分が気持ちいいなと思えるペースで走るのが良いと思います」

そして、新谷選手がトレーニングで主に使用しているシューズが「アディゼロSL」。イベントでは6月1日の発売に先駆けて新作の「アディゼロSL2」が発表されました。

「私はずっとSLが好きで、練習のメインシューズとして愛用しています。それが今回アップデートされて、さらに柔らかさを感じるようになりました。ジョグで使うと次の日も疲労を溜め込まずに動けますし、スピードも出せるのでペース走やトラック練習、走力によってはレースでも使える、本当にお勧めのシューズだと思います。私はレースの時は(厚底の)アディオス プロ3をはくのですが、筋力がないと使いこなすのが難しいので、練習では一切使わずにSLで身体を作るようにしています」



ランナーズ7月号 5月22日発売!


あなたは入っていますか?
全日本マラソンランキング2023発表!

日本のフルマラソンに関する様々なデータを発表する「全日本マラソンランキング」の2023年度版を発表。
メインコンテンツ「フルマラソン1歳刻みランキング」は、ランナーズ7月号別冊付録で各年齢上位100位の氏名を掲載しています。


猛暑の夏にも負けない
ジムランで速くなる時代、到来!

24時間ジムの登場などによって身近になりつつあるスポーツジム。
猛暑でもクーラーの効いた室内で涼しく走れ、筋トレやエクササイズも可能です。これからの時期に向けて、ランナーはどうジムランを活用すべきか、株式会社ティップネスの企画協力を得て深掘りしました。
トレッドミル走効果の科学的検証など、充実の内容です。

ランナーズ+inチーム第6期受付開始!

月刊ランナーズが運営する「ランナーズ+inチーム」は「①ランニングコーチから毎週月曜に目標達成チャレンジ(練習)がメールで届く」「②同チームの仲間と掲示板機能で交流することができる」トレーニング&コミュニティサービス。
6月からは第6期がスタートします。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ