本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

「市民ランナーNo1決定戦」MDCが開幕 神奈川予選の50代優勝者は1000m2分47秒!

2024年4月01日

「中距離市民ランナーNo1決定戦」の予選として年代別の1000mが行われた(写真/菊池陽一郎)

「中距離市民ランナーNo1決定戦」の予選として年代別の1000mが行われた(写真/菊池陽一郎)


市民ランナーでも参加できる中距離の大会「Middle Distance Circuit(MDC)」の一つ、「MDC Kanagawa」が3月31日、神奈川県平塚市の東海大学陸上競技場で開催されました。「中距離市民ランナーNo1決定戦」(1000m)の予選も行われ、男子は18-29歳、30代、40代、50歳以上の4部門、女子は18-29歳、30代、40歳以上の3部門の各上位2名が決勝大会の出場権を獲得しました。

男子50歳以上の部を制したのは研究職の白石貢一さん(50歳)で2分47秒31。友人に誘われて47歳でランニングを再開し、現在は1500m(再開後のベストは4分22秒)などトラックレースをメインにしています。「通勤に往復4時間かかるので、あまりトレーニングに時間を割けません。トラック練習をするのも大会前に2~3回程度で、普段は途中の駅で降りて帰宅ランをしたり、坂道を走ったりしています。週100km走るようにしていて、月間走行距離は400kmぐらい。海外で仕事をしていた時期はロッテルダムとデュッセルドルフマラソンに参加しましたが、トラックとの両立が難しいので今はハーフまでにしています。決勝大会も負けないように頑張りたいです」と話していました。


マラソンランナーの新谷仁美選手(左)も一緒に走りながら参加者を応援した

男子50歳以上の部で優勝した白石貢一さん(右から3人目)

MDCはマラソンランナー・新谷仁美選手のコーチである横田真人さんが代表を務める「TWOLAPS(ツーラップス)」が企画したもので、「大会を走る(選手として)、観る(観客として)、支える(作り手として)という関わるすべての人が楽しめる大会」をコンセプトに運営されています。MDC Kanagawaでは1000mの他に日本陸連公認の800mと1500m、非公認の1500m、3000mなどが実施され、トラックレースに参加したことのないランナーには無料参加枠も準備されました。

今年は月刊ランナーズでも「MDCチャレンジャーズ」というMDCの予選会を開催する予定です。決勝大会は10月6日に東京・駒沢公園陸上競技場で開かれます。



MDC Kanagawa上位成績(決勝大会進出者)

M18-29 1000m

2分32秒42 石川聖也
2分33秒22 荒幡寛人

M30 1000m

2分33秒61 服部 直
2分37秒35 阿保昴太郎

M40 1000m

2分38秒53 堀 貴博
2分40秒09 楠本賢司

M50 1000m

2分47秒31 白石貢一
2分47秒97 石上真吾

W18-29 1000m

2分54秒72 田中希歩
2分57秒61 鴫 花織

W30 1000m

2分59秒40 石川里奈
3分03秒95 合田なぎさ

W40 1000m

3分38秒94 三村公代
3分41秒76 小松亜紀子



ランナーズ5月号 3月22日発売!


トップランナー対談 エリウド・キプチョゲ選手&弓削田眞理子さん
「前人未到こそがモチベーション」

今年の東京マラソンには、3万6658人中海外からのランナーが1万3535人出走。五輪マラソン2度優勝のエリウド・キプチョゲ選手も出場するなど「世界のマラソンリーダー」といえる人々が多数来日しました。
ランナーズではキプチョゲ選手と65歳以上マスターズ女子マラソン世界記録達成・弓削田眞理子さんの対談を独占取材。2人が語ったのは「前人未到」への意気込みでした。

初挑戦者の疑問を解決
「100km完走法、伝授します」

4月から全国各地で続々とウルトラマラソンが開催されます。フルマラソンの2倍以上の距離を走る100kmは、どんな準備や心構えが必要なのでしょうか?
今年「初めて100kmに挑む」ランナーの疑問に、北海道のウルトラ完走請負人・石井憲コーチが答えます。

工夫次第で記録は伸びる!
50代以降ランナーの春夏秋冬トレーニング計画

目標のフルマラソンが終わり、秋のレースまで一息つこうとしている50代の皆様、ちょっと待ってください!
若者に比べて身体の変化が激しい50代で走力を維持・向上させるには「休みすぎない」ことが大切です。
50代のランナーが季節ごとにすべき練習メニューとその理由を紹介します。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ