本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

ふくい桜マラソン初開催 大会プロデューサーの大迫選手は「どんどん記録が出るコース。あらゆるランナーに走ってほしい」

2024年4月01日

40km過ぎ、ゴールに向かって走るランナーたち

40km過ぎ、ゴールに向かって走るランナーたち


3月31日、これまでフルマラソンのなかった福井県でふくい桜マラソンが初開催されました。

3月16日に北陸新幹線が同県開業したのに合わせて行われた第1回大会。福井駅近くの大名町交差点付近を発着とし、道中は北陸新幹線と併走できる新九頭竜橋や丸岡城、9.98スタジアムなどを通る42.195kmのコースに1万1912人が出走しました(完走1万1433人)。

一部を除いて桜はまだ開花していなかったものの、桜色の大会Tシャツで走るランナーが多数コースを彩り、中には頭に桜の装飾をつけて走るランナーもいました。

大会プロデューサーを務めた大迫傑選手も、当日スタート前に急遽「出走」を発表。ハーフマラソン付近までコースを走りました。レース後に行われたトークショーでは、
「気候も含めて桜以外はバッチリでした。コースはフラットで路面も綺麗だったし、これからどんどん記録が出るコースだと思います。今後、速さを求めるランナーや楽しみたいランナーなどあらゆるランナーに走ってほしい。僕は楽しむマラソンというのは初めてだったので、とても楽しかったです。いつかのタイミングでコースを全部走りたいですね」


大会の感想を語る大迫選手

大会の感想を語る大迫選手



ランナーズ5月号 3月22日発売!


トップランナー対談 エリウド・キプチョゲ選手&弓削田眞理子さん
「前人未到こそがモチベーション」

今年の東京マラソンには、3万6658人中海外からのランナーが1万3535人出走。五輪マラソン2度優勝のエリウド・キプチョゲ選手も出場するなど「世界のマラソンリーダー」といえる人々が多数来日しました。
ランナーズではキプチョゲ選手と65歳以上マスターズ女子マラソン世界記録達成・弓削田眞理子さんの対談を独占取材。2人が語ったのは「前人未到」への意気込みでした。

初挑戦者の疑問を解決
「100km完走法、伝授します」

4月から全国各地で続々とウルトラマラソンが開催されます。フルマラソンの2倍以上の距離を走る100kmは、どんな準備や心構えが必要なのでしょうか?
今年「初めて100kmに挑む」ランナーの疑問に、北海道のウルトラ完走請負人・石井憲コーチが答えます。

工夫次第で記録は伸びる!
50代以降ランナーの春夏秋冬トレーニング計画

目標のフルマラソンが終わり、秋のレースまで一息つこうとしている50代の皆様、ちょっと待ってください!
若者に比べて身体の変化が激しい50代で走力を維持・向上させるには「休みすぎない」ことが大切です。
50代のランナーが季節ごとにすべき練習メニューとその理由を紹介します。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ