本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

専門家が分析する前田穂南選手の日本新「トラックのタイムからは考えられない記録」

2024年2月08日


1月28日の大阪国際女子マラソンで前田穂南選手が打ち立てた2時間18分59秒の日本新記録について、かつてランニング学会の会長を務めた大阪体育大学名誉教授の豊岡示朗先生がデータを交えて分析してくれました。


********


マラソンの記録は5000m、1万m、ハーフマラソンなど、いくつかの距離とタイム(速度に換算)を検討すると数直線上で予測できます(図参照)。トラック種目の世界トップランナーでマラソンも世界歴代2位のタイムを持つシファン・ハッサン選手(2時間13分44秒、図の△)と、前日本記録保持者の野口みずき選手(2時間19分12秒、図の□)を前田選手(図の〇)と比較してみると、前田選手はマラソンの記録が他種目(5000m15分26秒39、1万m31分34秒94、ハーフマラソン1時間8分28秒、30km1時間38分35秒)に対して直線上になく、記録水準が高いことが分かります。マラソンの2時間18分59秒はこれらのタイムからは考えられない記録です。また、過去に2時間20分を切った日本人はみな男性ペースメーカーに引っ張られて出した記録なので、後半をほぼ単独で走り切った前田選手の記録は価値が高いと思います。

前田選手は潜在的にはトラックでもっと速いタイムが出せるのかもしれませんが、一方でトラックで前田選手よりも速いランナーはたくさんいるので、そういった選手がうまくトレーニングを積めば今回の日本記録をさらに上回る選手が出てくる可能性はあります。

日本の女子マラソンは男子に比べると選手層が薄く、そのことも日本記録が19年間更新されなかった要因だと思われます。ここから底上げが進んでいくことを期待します。



ランナーズ4月号 2月22日発売!


女子マラソン60代世界記録保持者から学ぶ
アンチエイジングメソッド

誰しも年齢を重ねると身体能力は落ちていくものですが、世界には加齢に克ってタイムを伸ばしているランナーがいます。昨年のシカゴマラソンで弓削田眞理子さんの記録を更新する2時間49分43秒の60代世界記録を出したアメリカのジェニー・ヒッチングスさん(60歳)は、60歳でも記録を伸ばしている自身の取り組みについて「食へのこだわり」「睡眠」「笑う」「若者と走る」という4点を語ってくれました。

レース前当日に使える
フルマラソン快走の心得×38

シーズン真っただ中! 知っておくと役立つフルマラソン快走術をレース「前日まで」「前日」「当日」「本番」に分けてご紹介します。伝授するのは経験豊富な5人のコーチたち。「取り入れられそう」「ピンときた」ものから実施してみてください。

前田穂南選手が19年ぶり日本新!
女子マラソン新時代へ

1月28日の大阪国際女子マラソンで天満屋の前田穂南選手が野口みずきさんが2005年に樹立した日本記録を19年ぶりに更新。今回の日本新記録の「価値」や「意味合い」、「女子マラソンの今後」を第一生命グループの山下佐知子監督に聞きました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ