本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

今年はオリンピックイヤー 41歳の世界的レジェンドもマラソン代表狙う「キプチョゲとまた一緒にレースしたい」

2024年1月30日

ケネニサ・ベケレがパリ五輪でキプチョゲと競う姿は見られるのか(写真は41歳で2時間4分19秒をマークしたバレンシアマラソン)


12月にエリウド・キプチョゲ選手が東京マラソン2024に出場することが発表されましたが、そのキプチョゲ選手と並んでマラソン界のレジェンドと言われるのがエチオピアのケネニサ・ベケレ選手です。昨年12月のバレンシアマラソンでは、41歳という年齢で2時間4分19秒をマークしました。今年開催されるパリオリンピックでマラソンでの出場を狙っているというベケレ選手について、ケニア人ジャーナリストのベネディクト・サング氏がランナーズ誌に寄稿した記事を一部編集してお届けします。


2019年、キプチョゲの世界記録(当時)に2秒と迫る2時間1分41秒をマーク

5000m、1万mの元世界記録保持者で、37歳だった2019年のベルリンマラソンではエリウド・キプチョゲの世界記録(当時)にあと2秒と迫る2時間1分41秒をマークしたエチオピアのケネニサ・ベケレ。12月3日のバレンシアマラソンで40歳を超えて2時間5分を切るという歴史的偉業を成し遂げたベケレの初マラソンは14年4月のパリマラソンで、2時間5分4秒。約10年たった今もほとんど変わらない最高レベルのパフォーマンスを維持する姿は、年齢を重ねても記録更新を目指してマラソンに取り組むあらゆるランナーの希望となっている。
バレンシアの記者会見では「パリオリンピックの資格を取るために走りに来た。パリで国の代表として走れることを楽しみにしている」とコメントした。

陸上で得た収入で陸上トラックを建設

エチオピアのアディスアベバに住むベケレの1日は、朝5時半に始まる。自宅から車で50分ほどのセンダファに向かい、ロングランを行う。短い距離のトラック練習を行う日は、アディスアベバから北に約30kmのスルルタへ。昨年4月の取材で、「陸上で得た収入をどのように投資しているのか?」という質問に彼はこう答えていた。

「スルルタに自分で陸上トラックをつくった。当初は、ケガを防止するために柔らかい表面のトラックがほしくて自分のためにつくったんだが、今となってはほとんど全てのエチオピアのアスリートがここで練習している。ランナーが滞在できるトレーニングセンターとゲストハウスも建設した。互いに助け合わなければいけないし、コミュニティのためになりたいからね」

午前10時頃にトレーニングを終え、自宅に帰って朝食をとってから仮眠し、その後昼食。食事に関しては「特別なものはとっていない。一番大切なのは、バラエティに富んだものを食べること。野菜、ナッツ、フルーツ、肉、パスタ、米、ミルク、あともちろん我々の国民食であるインジェラも欠かせない。栄養価が高いんだ。食べ物は素材そのもので十分だから、スパイスや油はあまり使わない」

午後遅くにもう一度トレーニングがあり、集団で走るか、ジムのトレッドミルで走ることもあるという。

「私の願いはオリンピックに出場することであり、5000mで共に競い合ったキプチョゲとパリで再びレースができれば素晴らしいことだし、歴史の1ページになるだろう」


ランナーズ4月号 2月22日発売!


女子マラソン60代世界記録保持者から学ぶ
アンチエイジングメソッド

誰しも年齢を重ねると身体能力は落ちていくものですが、世界には加齢に克ってタイムを伸ばしているランナーがいます。昨年のシカゴマラソンで弓削田眞理子さんの記録を更新する2時間49分43秒の60代世界記録を出したアメリカのジェニー・ヒッチングスさん(60歳)は、60歳でも記録を伸ばしている自身の取り組みについて「食へのこだわり」「睡眠」「笑う」「若者と走る」という4点を語ってくれました。

レース前当日に使える
フルマラソン快走の心得×38

シーズン真っただ中! 知っておくと役立つフルマラソン快走術をレース「前日まで」「前日」「当日」「本番」に分けてご紹介します。伝授するのは経験豊富な5人のコーチたち。「取り入れられそう」「ピンときた」ものから実施してみてください。

前田穂南選手が19年ぶり日本新!
女子マラソン新時代へ

1月28日の大阪国際女子マラソンで天満屋の前田穂南選手が野口みずきさんが2005年に樹立した日本記録を19年ぶりに更新。今回の日本新記録の「価値」や「意味合い」、「女子マラソンの今後」を第一生命グループの山下佐知子監督に聞きました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ