本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

24時間走女子世界記録保持者は船橋市職員 キロ5分19秒で丸一日走り続ける

2024年1月29日

世界記録を樹立した仲田さん

世界記録を樹立した仲田さん


昨年12月に、24時間走の女子世界記録を日本の選手が更新したのをご存知でしょうか?
12月1~2日に台湾で開催された、IAU24時間走世界選手権を世界新記録で優勝したのは船橋市職員の仲田光穂さん(千葉・34歳)。
優勝記録は270.363kmで従来の世界記録を247m上回りました。これは、24時間を平均キロ5分19秒で走り切ったことになります。

仲田さんは高校時代に陸上競技を始め、大学では陸上部ではなかったものの初マラソンを経験。2015年からは100kmも走るようになり、それぞれ自己ベストは2時間39分51秒(2022年東京)と7時間19分12秒(2022年100km世界選手権)です。
超ウルトラマラソンにも取り組み、23年のジャパントロフィーファイナル200kmや日本縦断「川の道」フットレース513kmなどでは男女合わせた総合優勝を果たしています。

現在発売中のランナーズ3月号では、仲田さんが24時間走世界記録樹立時にどのようなことを考え、どんな補給をしていたか、また週末2日間いずれも50km以上走るというトレーニングなどを詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。



ランナーズ4月号 2月22日発売!


女子マラソン60代世界記録保持者から学ぶ
アンチエイジングメソッド

誰しも年齢を重ねると身体能力は落ちていくものですが、世界には加齢に克ってタイムを伸ばしているランナーがいます。昨年のシカゴマラソンで弓削田眞理子さんの記録を更新する2時間49分43秒の60代世界記録を出したアメリカのジェニー・ヒッチングスさん(60歳)は、60歳でも記録を伸ばしている自身の取り組みについて「食へのこだわり」「睡眠」「笑う」「若者と走る」という4点を語ってくれました。

レース前当日に使える
フルマラソン快走の心得×38

シーズン真っただ中! 知っておくと役立つフルマラソン快走術をレース「前日まで」「前日」「当日」「本番」に分けてご紹介します。伝授するのは経験豊富な5人のコーチたち。「取り入れられそう」「ピンときた」ものから実施してみてください。

前田穂南選手が19年ぶり日本新!
女子マラソン新時代へ

1月28日の大阪国際女子マラソンで天満屋の前田穂南選手が野口みずきさんが2005年に樹立した日本記録を19年ぶりに更新。今回の日本新記録の「価値」や「意味合い」、「女子マラソンの今後」を第一生命グループの山下佐知子監督に聞きました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ