本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【坂道を楽しもう 01】坂道を避けてませんか? 苦手脱却でレースはもっと楽しくなる!

2023年5月15日


国土の約7割が山間部で占められる日本。
ランニング大会の多くのコースでは、様々な坂道がランナーを待ち構えています。
ところが苦手意識をもち、普段から坂を避けて走っている人、多いのではないでしょうか?

月刊ランナーズでは過去に、坂道走をあまりやらないランナーに集まってもらい、アップダウンの激しい周回コースを全力で走ってもらうという誌上企画を行ったことがあります。
そのときのランナーの反応は・・・

「上りの後の下りでフォームの切り替えがうまくいかず、下りにも関わらずスピードを上げられなかった」
「最後の上り坂で完全に乳酸がたまってペースダウンしてしまった」
「姿勢、ピッチ、腕振りを意識して走り始めたのに、疲労してくるとバラバラになってしまった」
「平地とは違う筋肉を使う感じで、きちんとトレーニングが必要と感じた」

こんな感想の数々が聞かれました。
上り坂と下り坂で、それぞれ平地とは違う走り方のコツがあります。
苦手なランナーも、そのポイントを体得するためのトレーニングで意外に簡単に克服でき、なにより走力アップに直結します。

坂道に対する苦手意識がなくなれば、大会選びの幅が広がり、レース自体も楽しくなるのは確実。
これからシリーズで坂道克服のための方法について紹介していきます。


※月刊ランナーズより抜粋




ランナーズ9月号 7月22日発売!


レース出場は最高のトレーニング

今やお馴染みとなった「レースをトレーニングとして活用する」川内優輝選手の走力アップ法。
現在発売中のランナーズ9月号では、特集「レース出場は最高のトレーニング」内で、川内選手自身がこのトレーニング法について詳しく解説しています。


新理論!?「ランニングフォームは腕振りで改善できる」

フルマラソンがないこの時期はじっくり自身の走りを見直すチャンス。
本誌おなじみの中田崇志コーチが推奨するのは「腕振り」を改善して効率のいいランニングフォームを身につけること。毎回走る前に1分程度のエクササイズを行うことで、早ければ2週間で効果が表れるという「中田流腕振り論」をご紹介します。

気温32℃で完走率58.8%
ベテラン完走者実践の「アンチエイジング法」

6月30日に開催されたサロマ湖100kmウルトラマラソン。10回以上完走し続ける「サロマンブルー」の称号を持つランナーたちに、「100kmを完走し続ける秘訣」「アンチエイジング法」を語っていただきました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ