本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

大会レポをキッカケに「走りやすさ」を重視した人気大会に(つくばマラソン)

昨年のつくばマラソン

昨年のつくばマラソン


現在皆様からの投稿を受け付けている大会レポ。これはランナーだけでなく、多くの大会関係者の方々も目にしており、運営の参考にしているそうです。
現在、関東の人気大会として知られるつくばマラソンも、大会レポをキッカケに改革に乗り出した過去があるといいます。筑波大学教授で、大会実行委員の鍋倉賢治先生のインタビューを過去の誌面から抜粋、編集して紹介します。


********


「私がつくば大会に関わり始めたのは1996年です。当時は交通アクセスの良さや、平坦なコースで人気はあったものの、トイレや給水の数が辛い評価を受けることもありました。
大きなキッカケとなったのは2008年に大会レポで「67・3点」という低評価を受けたことでした。

大会後は関係者がレポを参考に改善点を話し合うのですが、事務局の方からも「何とかしたい」という意見が出て、それまで以上に真剣に考えるようになりました。
それからは「走りやすさ」を重視した大会の改革に着手し、給水所のコップの間隔を広げたり、距離表示を正確にしたりしました。2015年には1万人以上が参加する国内フルマラソンで初めてウェーブスタートを導入。同年から「マラソンを科学する」を大会テーマとし、現在は科学的な観点で距離表示や給水の内容を変えるなどの工夫を行っています。

3年ぶりの開催となった昨年の大会はこれまでより規模を縮小して行いましたが、ほぼ定員に近いランナーが参加してくださいました。これからはマラソンごとに特色が必要な時代になるでしょうから、つくばはさらにウェーブの数を増やすなどして、記録を狙っているランナーや何としても完走したいというランナーが走りやすい、硬派なマラソンであり続けたいと思っています」


********


RUNNETでは、2022年に出場した大会の「大会レポ」を投稿すると、もれなく10ポイント(RUNPO)がもらえるキャンペーンを実施中!
みなさまからいただいたレポは、大会運営にも役立てられます。
大会に出たら、ぜひ「大会レポ」にご投稿ください。





ランナーズ3月号 1月20日発売!


まるごと一冊大特集「年齢とランニング」

今号では、101歳から中学生まで、多種多様な年代のランナーたちが登場。90歳以上のシニアランナーたちが「長く走り続ける秘訣」を語れば、50~60代のランナーは「加齢に克つ方法」を明かし、30代のトップ市民ランナーは「レースで鍛える法」を熱弁。年齢・走力にかからわず、全ランナーに手に取っていただきたい一冊です。


新春対談
山中伸弥教授&弓削田眞理子さん

ノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥教授とマスターズ世界記録保持者(60~64歳・女子マラソン)の弓削田眞理子さんが京都大学iPS細胞研究所で対談。現在60歳の山中教授は昨年11月の富山マラソンで3時間22分6秒の自己ベストを出しており、「研究とランニングの共通点」「70歳まで記録を更新し続けたい」と語り合いました。

「生涯ベストは47歳までに狙うべし」に一言申したい!

本誌1月号の特集「生涯ベストは47歳までに狙うべし」には多くの反響(反論)が寄せられました。その1人、フリーライターの岩谷隆志さんが50~60代でも記録を伸ばすランナーや専門家を取材しました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント