本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

さぁ、大会を走ろう!!(2) 駆け抜けよう1万人の龍馬たち「高知龍馬マラソン」

初回大会となった2013年高知龍馬マラソン

初回大会となった2013年高知龍馬マラソン


現在発売中のランナーズ10月号では「さぁ、大会を走ろう!!」と題し、国内外の大会コラムを掲載しています。
今回は、来年2月19日(日)に開催が発表された「高知龍馬マラソン」について、大会アドバイザーを務める金哲彦さんが人気大会になるまでの経緯、大会による県民への効果について綴った一部を紹介します。



********


コロナ禍になる直前の2020年2月まで、毎年10回近くフルマラソンを完走した。それらのなかでも特にお気に入りなのが坂本龍馬の仮装で走る「高知龍馬マラソン」だ。他ではできないことも、なぜか高知では恥ずかしくない。
ちなみに、仮装は大会側から要望されたものではない。初めて走った2016年大会のポスターに「駆け抜けよう1万人の龍馬たち」というキャッチコピーが書いてあり「きっと龍馬の仮装がたくさんいるに違いない」と単純に思い込んだのだ。
実際のレースで龍馬の仮装はほとんどいなかったが、沿道の幼児たちから受けた「りょうましゃん、がんばれ〜」の声援が気持ちよく、以来すっかり病みつきになった。そして、2017年大会からはアドバイザーとして深く関わるようになった。
「高知龍馬マラソン」は、県が中心となって主催する大規模市民マラソン大会として2013年に始まった。設立初年度のエントリーは3000人台。そして、ゲストとして初参加した2016年は8000人台にまで増加した。しかし、ポスターに掲げられた「1万人の龍馬」には届かなかった。


龍馬マラソンができてから走る高知県民が増加した

さて、龍馬マラソンがミッションである1万人に到達するにはどんな施策がいいか。アドバイザーとして事務局とマーケティング戦略を練った。
自治体が主催するマラソン大会の開催目的は大まかにいうと2つある。
ひとつは、住民の健康増進や活性化など地域にかかわるもの。そしてもうひとつが、地域外からのランナーを呼び込む観光&経済波及効果である。

私は、このふたつのバランスをうまくとりながら地域の特性を最大限に生かすことがマラソン大会成功の必須条件だと考えている。
そして、龍馬マラソンでは県外からのランナーを増やすより、高知県民のエントリーを促すことが先ではないかと判断した。当時、走っている人はまだ少なかったが、元来陽気でお祭り好き。マラソンのポテンシャルが高いと判断したのだ。幸い、大会運営や広報は県庁の事務局単体ではなく、高知新聞、高知放送などの地元メディアが一体となっている強みがあった。

結果、2017年大会のエントリーは1万人を突破。「1万人の龍馬たち」のミッションは達成され、2020年2月までの4年間は「1万人」で安定推移した。
元々走っていなかった県民が地元にできたフルマラソン完走にチャレンジし、それがキッカケで走り始めたというニューカマーランナーも大会を彩っている。
実際「龍馬マラソンができてから、とにかく走っている人が増えた」と県民の多くが感じている。



「高知龍馬マラソン2023」のエントリーは、9月16日(金)20時から先着順にて。



ランナーズ11月号 9月22日発売!

100km世界選手権で金・銀! ウルトラニッポン健在!

日本が100kmウルトラマラソンの強豪国であることをご存じですか? 8月27日にドイツで行われた世界選手権には男女計7人が出場し、男子は前回大会に続いてワンツーフィニッシュを果たしました。
今号では大会の様子や100km2レース目で世界王者となった岡山春紀選手(コモディイイダ)のインタビューを掲載しています。

3年ぶりフルマラソンを走る前にやるべきこと×5教えます!

いよいよ本格的にフルマラソンシーズンが到来。今年は大会が次々と再開され、3年ぶりにフルマラソンを出走する方も多いのではないでしょうか。
久々のレースだからこそサブフォーや3時間30分切りなどの目標タイムを達成したいものですが、コロナ禍で「健康のため」のジョギングだけを続けていた方は「30km以降の苦しさ」を心身が忘れていて、本番で思わぬ失速をしてしまうかもしれません。レース2カ月前から「必ずやるべき5つのこと(トレーニング)」をやり遂げて目標を達成し、「42.195kmを走り切った充実感」を味わいませんか?

3年ぶりの北海道マラソン やっぱり練習→大会出場は面白い

3年ぶりの北海道マラソンは新コース、制限時間延長とリニューアルし、1万6524人が完走。
サブスリー&サブフォー達成者に、「猛暑の中でのトレーニング」を聞きました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント