本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【走り込み効果を上げる9月の過ごし方 04】走り込み時の正しい距離の増やし方は?


走り込みの時期になったら急に距離を延ばすというわけにはいきません。
距離の増やし方にはセオリーがあります。
身体が抵抗なく受け入れてくれるのは、週・月単位で15~20%程度の増量です。
たとえば月間100kmの人が150kmに増やしたい場合、1ヵ月目は120km→2ヵ月目150kmであれば、右肩上がりに量を増やしても構いません。
ところが1ヵ月目に50%増しの150kmを走った場合、そのままでは疲労が蓄積され故障のリスクが高まるため、翌月にはいったん戻して回復期を設けるべきです。

距離の増やし方には、以下の3つのルールが原則になります。
これを守れる範囲で距離を延ばす計画を立てるといいでしょう。


●15~20%ずつ増やすなら右肩上がりに増やしてOK(週、月単位とも)

月間100km走っている人が
 ↓
翌月120km(20%増量)
 ↓
翌々月144km(20%増量)


●1.5倍以上増やす場合は、1ヵ月回復期間を入れる

月間100km走っていた人が
 ↓
翌月150km(50%増量)
 ↓
翌々月100km(もとに戻して回復)

かけた負荷の効果を引き出すために回復期間を設けること。
その後は、連続して月間150kmを走れるようになります。


●「一度に走る距離」と「頻度」を同時に増やさない

1回の距離は同じで頻度を増やす
 ↓
1回の距離を増やして頻度を戻す
 ↓
頻度と距離を増やす


※月刊ランナーズより抜粋




ランナーズ11月号 9月22日発売!

100km世界選手権で金・銀! ウルトラニッポン健在!

日本が100kmウルトラマラソンの強豪国であることをご存じですか? 8月27日にドイツで行われた世界選手権には男女計7人が出場し、男子は前回大会に続いてワンツーフィニッシュを果たしました。
今号では大会の様子や100km2レース目で世界王者となった岡山春紀選手(コモディイイダ)のインタビューを掲載しています。

3年ぶりフルマラソンを走る前にやるべきこと×5教えます!

いよいよ本格的にフルマラソンシーズンが到来。今年は大会が次々と再開され、3年ぶりにフルマラソンを出走する方も多いのではないでしょうか。
久々のレースだからこそサブフォーや3時間30分切りなどの目標タイムを達成したいものですが、コロナ禍で「健康のため」のジョギングだけを続けていた方は「30km以降の苦しさ」を心身が忘れていて、本番で思わぬ失速をしてしまうかもしれません。レース2カ月前から「必ずやるべき5つのこと(トレーニング)」をやり遂げて目標を達成し、「42.195kmを走り切った充実感」を味わいませんか?

3年ぶりの北海道マラソン やっぱり練習→大会出場は面白い

3年ぶりの北海道マラソンは新コース、制限時間延長とリニューアルし、1万6524人が完走。
サブスリー&サブフォー達成者に、「猛暑の中でのトレーニング」を聞きました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント