本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

モシコムイベンターは未来の人気職業!? 28歳トレーナーが開催「目指したのは世界一自己ベスト更新率の高い大会」

(写真/小野口健太)

(写真/小野口健太)


月刊ランナーズでは、e-moshicom(イー・モシコム)主催者の横顔と題した連載を掲載しています。
e-moshicomは誰もが募集&応募ができるミニイベントのエントリーサイトで、主催者の情熱と工夫を反映した様々なイベントが掲載されています。
5年後、10年後、20年後、モシコムイベンターが人気職業になっている、なんてこともひょっとすると、あるかもしれません。10年前に、YouTuber(ユーチューバー)が子どもたちの人気職業になることなど、誰も考えていなかったように。

e-moshicom

本誌9月号では、昨年末開催された非公認フルマラソン「Beyond2021」主催者の邊見勇太さん(28歳)にインタビューしています。
「世界一自己ベスト更新率の高い大会」をコンセプトに掲げる同レースは、参加料1万5000円と高額ながら、922人が参加。現在28歳の邊見さんは東京都渋谷区にあるランニングサイエンスラボ(RUNNING SCIENCE LAB )というスポーツジムの代表を務めています。

今回はその一部を紹介します。


********


――邊見さんのランニング歴を教えてください。

「福島県白河市に生まれ、父はふくしま駅伝の白河市代表の監督を務める、いわゆる陸上一家でした。ランニングにかかわる仕事がしたい、とずっと思っていて、東海大学卒業後に就職したオリジナル販促品を制作する企業では、『成田POPラン』などの参加賞を制作しました。
マラソン大会の参加賞に特化した『ランデブー』というサイトも立ち上げました。私自身、今も走っており、旅行を兼ねて地方の大会にいくことが大好きです」

――現在は「ランニングサイエンスラボ」というランナーに特化したジムの代表を務めています。

「ランニングサイエンスラボは2017年に元実業団選手だった方が立ち上げたジムで、私はその運営を受け継ぐ形で代表を務めています。『世界一自己ベスト更新率の高いジムを作る』という理念が、今回の取材テーマでもあるBeyondにつながっています」


イベントに大切なのはストーリーだと思っています

――イベントづくりに対して今、思うことはありますか?

「計測や音響の手配など、何から何まで初めての経験でした。『給水のために準備した水が大量に余ってしまった』など、予想外の出来事やちょっとしたアクシデントもたくさんありましたが、一番大切なのはイベントに対してストーリーをつくることではないかと思っています」

――ちなみにBeyondの参加料収入は単純計算で1万5000円×922人で1383万円。駅から会場までの送迎バスを出すなど、お金をかけている印象もありますが、収支はいかがでしょう?

「人件費なども含めて赤字にはならないことを前提としているので、赤字ではありません。ただ儲けるために開催しているわけでもないので、利益もほとんどありません。ランニングサイエンスラボのことをひとりでも多くのランナーに知ってもらいたいな、という気持ちはありますが」


へんみ・ゆうた
中学から陸上競技を始め、大学2年時に走った「いわきサンシャインマラソン」でフルマラソンの楽しみを知り、現在の自己ベストは2時間40分4秒(19京都)。
「個人的には地方で開催される昔ながらのマラソンが大好きです」


現在発売中のランナーズ9月号では、インタビューの全文を掲載しています。


ゼッケンにPACERと書かれているペースメーカーはイベントコンセプトに共感したランナーが務めている。報酬は当日着用したTシャツ。

ゼッケンにPACERと書かれているペースメーカーはイベントコンセプトに共感したランナーが務めている。
報酬は当日着用したTシャツ。


ランナーズ9月号 7月22日発売!

ハーバード大の医師が大絶賛! ボストン式サブスリー達成法

7月号でボストンマラソンのレポートを執筆してくれたハーバード大学関連病院医師の榊原醸さん(40歳)は、2021年の渡米後に現地のチーム「B.A.A(ボストン体育協会)ランニングクラブ」に加入。2時間46分だったマラソン自己ベストを1年間で2時間28分3秒まで伸ばし、クラブのトレーニングを「ものすごく効果が高い」と絶賛します。本特集ではそのノウハウを大公開。中間ペースアップする〝ボストン式ロング走〟など、 サブスリーを目指すランナー必読の内容です。

日本一広大な「びわ湖」で今
走る伝説が始まろうとしている―

ぐるりと1周すると200km少々。滋賀県「びわ湖」で6月25日~26日にこれまでになかった新たな形のイベントが開催されました。来年3月には「びわ湖マラソン」も幕が開けます。
日本一広大なびわ湖が今"走る舞台"として大きな存在感を見せているのです。

経営者必読!「走る力で我が社をもっと元気に!」

群馬トヨタグループの横田衛社長は「過去10年間の業績好調は社員が走っていることも一因です」と語り、会社をあげてのラン&ウォークイベント参加により社内表彰を受けた企業もあります。健康経営のためにランニングやウォーキングに取り組んでいる会社を総力取材、経営者や総務担当者の方は必読です。

「ランニング依存症」は幸せ健康生活の証!

6月26日(日)の「NHKおはよう日本」で取り上げられた"ランニング依存症"について、本誌お馴染みの走る医師やジャーナリストに原稿を執筆いただくと「ランニング依存症は幸せ健康生活の証!」で見解が一致しました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント