本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【レースに出よう 01】見ず知らずの自分に熱い声援! レースでは感謝の念が心の底から湧き上がる


ランナーの大会出場への思いや楽しみ方を紹介するシリーズ、第一回目は・・・
マラソンでサブフォーを、そしてウルトラマラソンでも完走を果たしているM・Yさん(53歳)。
彼が本格的にランニングを始めたのは40歳を過ぎてからでした。


40歳を過ぎランニングを再開! 初フルは沿道の声援が心に沁みて

ソウル五輪の男子マラソンに感動したのがきっかけで走り始めたのは学生時代。
ところが大学卒業後、就職してからは、忙しくてとても走っていられない状況に。
そのうち太り始め、健康診断の結果にCやDがつくようになってしまったと言います。
走ることから遠ざかって久しい、40歳を過ぎた頃、社内の仲間から皇居ランに誘われ気軽に参加してみたら…
「女性陣にもついていけないんです。悔しくて」

ランニング再開後、最初のフルマラソンはサブフォーを狙って、東京マラソンに出場。
このときは事前にコースの試走会や、30km走の練習会などに参加し、月間200km近く走ったそう。
「ゴール前の最後の直線、私のような見ず知らずのおじさんに向かって大勢の人たちが、『よく帰ってきた!』と声援を送ってくれるんです。その一言一言が心に沁みました」


レースで感じる感謝は心から湧き上がってくるもの

翌年からはサロマ湖100kmウルトラマラソンにも挑戦。
このときの練習はさすがに大変で、皇居で7時間走をやったときには疲労困憊でヘトヘトに。
その甲斐あって、本番は意外なほど快調に12時間9分40秒でゴール。
ところが本当に大変だったのはゴールした後でした。
「脚は生まれたての小鹿状態。手はむくんでグローブみたいにパンパンになり、口の中は口内炎でしょっぱいものが食べられなくなってしまいました」

2017年のサロマ湖は、忘れられない大会になりました。
この年はスタートから雨で、かなり寒いコンディションに。85kmのワッカでは、低体温になっているランナーを大勢見かけといいます。
もってきたサプリメントの封が切れずに四苦八苦していると、ボランティアの高校生が代わりにやってくれ「あと1分で温かいお茶が沸きますから、飲んでいってくださいね」と温かい声をかけてくれました。
「よく我々は「感謝」という言葉を使いますが、社交辞令であることも多いもの。でもこのとき感じた感謝は、心の底から湧き上がってきたものでした」
大会はいろいろな人たちに支えられていることを痛切に感じと言います。こうしてM・Yさんの挑戦は本格的に始まります(次回に続く)。




ランナーズ9月号 7月22日発売!

ハーバード大の医師が大絶賛! ボストン式サブスリー達成法

7月号でボストンマラソンのレポートを執筆してくれたハーバード大学関連病院医師の榊原醸さん(40歳)は、2021年の渡米後に現地のチーム「B.A.A(ボストン体育協会)ランニングクラブ」に加入。2時間46分だったマラソン自己ベストを1年間で2時間28分3秒まで伸ばし、クラブのトレーニングを「ものすごく効果が高い」と絶賛します。本特集ではそのノウハウを大公開。中間ペースアップする〝ボストン式ロング走〟など、 サブスリーを目指すランナー必読の内容です。

日本一広大な「びわ湖」で今
走る伝説が始まろうとしている―

ぐるりと1周すると200km少々。滋賀県「びわ湖」で6月25日~26日にこれまでになかった新たな形のイベントが開催されました。来年3月には「びわ湖マラソン」も幕が開けます。
日本一広大なびわ湖が今"走る舞台"として大きな存在感を見せているのです。

経営者必読!「走る力で我が社をもっと元気に!」

群馬トヨタグループの横田衛社長は「過去10年間の業績好調は社員が走っていることも一因です」と語り、会社をあげてのラン&ウォークイベント参加により社内表彰を受けた企業もあります。健康経営のためにランニングやウォーキングに取り組んでいる会社を総力取材、経営者や総務担当者の方は必読です。

「ランニング依存症」は幸せ健康生活の証!

6月26日(日)の「NHKおはよう日本」で取り上げられた"ランニング依存症"について、本誌お馴染みの走る医師やジャーナリストに原稿を執筆いただくと「ランニング依存症は幸せ健康生活の証!」で見解が一致しました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント