本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

「1歳刻みランキング1位」15回! 強さの秘訣は17年続ける重り(7kg)を背負った通勤ラン

雨が降れば傘をさして走る 夏は命がけですよ(写真/軍記ひろし)

雨が降れば傘をさして走る 夏は命がけですよ(写真/軍記ひろし)


月刊ランナーズでは常識を覆す結果を出しているランナーを紹介する「脱常識ランナー」を連載しています。
現在発売中のランナーズ8月号では2015、16年の本誌に「重りランナー」として登場、2021年度の1歳刻みランキング61歳の部でも1位を獲得し、通算15回目のランキング1位となった高橋英雄さん(62歳)を紹介しています。
なぜ長年にわたって1位を維持できるのか。
その鍵となる重りを背負った通勤ランについて、改めて話を聞きました。
(取材・文/吉田誠一)



通勤ランは練習ではなく生活の一部です

高橋英雄さん(62歳)は、水の入った2本のペットボトル、着替え、折りたたみ傘、懐中電灯などを詰め込み、総重量を7kg(体重50kgの14%)にした容量25ℓのバックパックを背負い、キロ5分から6分で通勤時に16km、帰宅時に8kmを走っている。
神奈川県海老名市の自宅から茅ヶ崎市の勤め先まで直線距離は8kmだが、朝は6時50分に家を出ると回り道をして、天気が良ければ20kmに延ばすこともある。
2005年以来、週5日、このヘビーな通勤ランを続けている。

通勤時にこれだけの負荷を掛けると、仕事に影響しないのか。
「影響しますよ。でも、マイナスではなく、いい意味で。ひと息ついて、さあ仕事だという気持ちになる。朝4時に起きて出社前に練習をするなんて、僕にはできない。
仕事が終わってから走るのもいや。だから、生活に欠かせない通勤の時間に走る。通勤ランは練習ではなく、生活の一部という位置づけです。だから自分の感覚としてはマラソンの練習はあまりしていない」

スポーツジムやトラックでの練習はしない。インターバル走などスピードトレーニングはしない。
走る距離やペースにこだわらず、そもそもGPS付きスポーツウォッチを持っていない。通勤ランの距離は地図を見て測っている。
すべてにいい意味での泥臭さを感じる。
これはある意味、先端を行くランナー、理論に基づいて鍛えるランナーへの挑戦ではないかと思えてくる。

「通勤ランが自分の走りを支えているので、これはやめずに続ける。しっかり続けることが大事だと思う」
通勤ランを始めて17年。信念を曲げず、これだけ持続する執着心にすごみを感じる。


現在発売中のランナーズ8月号では高橋さんの重りトレーニングの効果について2016年に筑波大学で行った実験の内容を採録しています。



年季入りのバックパックは4代目か5代目

年季入りのバックパックは4代目か5代目



ランナーズ9月号 7月22日発売!

ハーバード大の医師が大絶賛! ボストン式サブスリー達成法

7月号でボストンマラソンのレポートを執筆してくれたハーバード大学関連病院医師の榊原醸さん(40歳)は、2021年の渡米後に現地のチーム「B.A.A(ボストン体育協会)ランニングクラブ」に加入。2時間46分だったマラソン自己ベストを1年間で2時間28分3秒まで伸ばし、クラブのトレーニングを「ものすごく効果が高い」と絶賛します。本特集ではそのノウハウを大公開。中間ペースアップする〝ボストン式ロング走〟など、 サブスリーを目指すランナー必読の内容です。

日本一広大な「びわ湖」で今
走る伝説が始まろうとしている―

ぐるりと1周すると200km少々。滋賀県「びわ湖」で6月25日~26日にこれまでになかった新たな形のイベントが開催されました。来年3月には「びわ湖マラソン」も幕が開けます。
日本一広大なびわ湖が今"走る舞台"として大きな存在感を見せているのです。

経営者必読!「走る力で我が社をもっと元気に!」

群馬トヨタグループの横田衛社長は「過去10年間の業績好調は社員が走っていることも一因です」と語り、会社をあげてのラン&ウォークイベント参加により社内表彰を受けた企業もあります。健康経営のためにランニングやウォーキングに取り組んでいる会社を総力取材、経営者や総務担当者の方は必読です。

「ランニング依存症」は幸せ健康生活の証!

6月26日(日)の「NHKおはよう日本」で取り上げられた"ランニング依存症"について、本誌お馴染みの走る医師やジャーナリストに原稿を執筆いただくと「ランニング依存症は幸せ健康生活の証!」で見解が一致しました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント