本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

今話題の「日本版エチオピアン練習」!強さの源は「ジグザグ走」

写真はトラック練習。ジョグは「森の中をゆっくり」ジグザグに走ることが基本

写真はトラック練習。ジョグは「森の中をゆっくり」ジグザグに走ることが基本


6月22日発売のランナーズ8月号では「今話題の『日本版エチオピアン練習』」と題した特集を掲載しています。
「突然、エチオピア選手の練習ですか⁉ 」と驚かれた方もいるでしょうが、その練習法は市民ランナーも真似できる要素がいっぱい。
エチオピアといえば1960年のローマ五輪と、64年の東京五輪マラソンを連覇したアベベ・ビキラが有名で、ローマ大会では裸足で独走態勢を築き、「裸足のアベベ」の名は日本にも浸透しました。以降も数多くの名選手が生まれ、今ではケニアと並ぶ長距離王国として知られています。

昨年秋に出版された『ランニング王国を生きる』(青土社)によると、同国の選手は「不整地を集団でゆっくりジグザクに走る」ことが重視されており、これは独立国家として歩んできたからこそのマラソン文化であり〝英国領〟だった隣国ケニアとは全く異なるものだといいます。

今回は『ランニング王国を生きる』の担当編集者で今号表紙モデルを務めている福島舞さんと本誌編集部が考案した「日本の市民ランナー版・エチオピアン練習」の一部を紹介します。


「どれだけゆっくり走れるか」を競う

エチオピア選手の信条は「速く走るためには、遅く走る日を作らなければならない」です。
スピードを上げる以外の日は、森の中をゆっくり走るのがお決まりです。
彼らはそれにより「体内にエネルギーがため込まれる」と考えています。
選手間では「どれだけ遅いペースで走れたか」が競われており、マラソン本番のペースがキロ3分前後であるのに対し、練習ではキロ7分以上かかるのが当たり前。早歩きをする地元民に抜かれることもあるといいます。
読者の皆さまも「普段のジョグよりもさらにゆっくり走る」日を作ってみてはいかがでしょうか?


森の中の不整地をゆっくりジグザグに走る

彼らがゆっくり走る際にポイントとしているのが「不整地や森の中をジグザグに走る」ことです。
木々の隙間をすり抜けながら「加速したり立ち止まったり」を繰り返すと言います。
この不整地ジグザグ走の特徴は、ロードを真っすぐ走る時と比較して、数多くの筋肉に刺激が入ることです。
それにより脚の筋肉が細部でバランスよく鍛えられ、故障の防止につながると考えられています。
「走ることの単調さ」から逃れ、練習を刺激的なものにすることができる、とも。
読者の皆さまは周囲からちょっぴり不信な目で見られることを覚悟の上で(?)、河川敷や公園などの不整地でジグザグに走ってみてはいかがでしょうか? 近所に不整地がない場合はロードでもOKですが、車や自転車、通行人との接触にはご注意を!


発売中のランナーズ8月号では「日本の市民ランナー版・エチオピアン練習」やエチオピア選手が飲んでいるドリンク「ベソ」のレシピを紹介しています。
次レースに向けて、世界最速レベルのノウハウを取り入れてみてはいかがでしょうか?


『ランニング王国を生きる』
フルマラソン2時間20分の記録を持つイギリスの文化人類学者(マイケル・クローリー氏)が1年以上エチオピアで暮らし、同国の強さに迫った一冊。
青土社刊、価格2,200円+税


ランナーズ8月号 6月22日発売!

今話題の「日本版エチオピアン練習」。
肝は「超ゆっくりジグザグ走!!」

エチオピアといえば1960年のローマ五輪と、64年の東京五輪マラソンを連覇した「裸足のアベベ」ことアベベ・ビキラ選手が有名です。近年もマラソンやトラック長距離種目で数多くの五輪金メダリストや世界記録保持者が生まれています。
昨年秋に出版された『マラソン王国を生きる』(青土社)によると、同国は独立国家として歩んできたからこそのマラソン文化があり、その代名詞が意外と日本の市民ランナーも簡単に(!?)に真似できる「超ゆっくりジグザク走!」
本誌8月号では「日本版エチオピアン練習」を特集。次レースに向けての練習に”世界最速ノウハウ”を取り入れてみませんか?
※表紙モデルの福島舞さん(書籍編集者)は日本のエチオピアン練習伝道師であり、「超ゆっくりジグザグ走などがマラソン2時間54分41秒の自己ベストにつながった」と語ります。

「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手が月間3058km走破!

5月の「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手の倉井克幸さん(39歳)が3058km走破! どんなことを考え、何を食べたら1日平均100kmも走り続けられるのか? 速報インタビューをすると「身体がボロボロになるまで走り続けることが好きなんです」という名言が飛び出しました。

大会を走ろう!「秋冬フルマラソン最新情報」

今年の秋冬はほとんど全ての大会が開催を表明。待ちに待ったフルマラソンシーズンの到来です! 8月号では年内フルマラソン最新事情を一覧化しています。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント