本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

「60代女性サブスリーの壁は破られた!」日本の2人が世界を引っ張る

(写真/塩川真悟)

(写真/塩川真悟)


現在発売中のランナーズ7月号では、「マラソンはやっぱり記録挑戦が面白い!」と提言し、自己ベストを目指して挑戦を続けるランナーや、そのために必要なトレーニングを紹介しています。
今回は今年、史上2人目の60代女性サブスリーランナーとなった吉光和恵さんを紹介します。




いつまでもサブスリーし続けたい

4月23日朝、吉光さんは岡山市の総合運動公園で開催された練習会「BASE練」で、約21kmをキロ4分20秒で走破しました。
同じ集団で走っていたのは男性ばかり。ゴール後「(速い男性に交ざって走るのは)気持ちいいです」と笑顔を見せました。
50歳からダイエットのために走り出した吉光さんは2016年のおかやまマラソンで初サブスリー(2時間56分2秒)を果たすと、59歳で迎えた21年の金沢マラソンでは2時間52分49秒の自己ベストを更新。
「いつまでもサブスリーし続けたい」と3時間切りへのこだわりを見せます。
「私は昔から進学先も就職先も妥協してきました。だからこそ、今は市民ランナーの到達点であるサブスリーを続けたいんです。それに3時間を切れば、大阪国際女子マラソンのようなハイレベルなレースに出られます。仕事をしながら記録を出しているランナーは尊敬できる人ばかりで、会場ではみなさんがアドバイスをくれる。この年齢になると誰かから注意されたり助言をもらえる場面はなかなかありませんから、こういったレースに出続けることで、ランナーとしても人間としても成長できると思っているんです」昔は「60歳になったらサブスリーするのは無理だろうと思っていた」といいます。考えが変わったのは弓削田さんの記録を見てから。「60代でもできるんだと希望をもらいました」

現在は毎週土曜日にBASE練で21km走を行い、日曜日は30~50kmジョギング、水曜日はひとりで1㎞×7本+200m×5本などの練習を重ね、月に約500km走り込んでいます。
「サブスリーを狙うなら週1回は3時間以上走るべきだと思って、日曜にロングジョグをしています。練習は絶対やり遂げたいので、脇骨を骨折しても練習会に参加したことがあります」
これだけのハードトレーニングを積んで、加齢を感じることはないのか?
「もちろん昔より回復は遅くなっていますが、年齢のせいにはしたくない。ケア次第で衰えを食い止めることはできると考えています。転職したおかげで今春から睡眠時間を増やせていて、日々の食事もこれまで以上に栄養に気を付けています」今後の可能性については、「まだまだ行けると思っています。昔は60歳っておばあちゃんのイメージでしたけど、今はそんなことないですからね。恩人である弓削田さんの記録も塗り替えたいと思っています(笑)」


現在発売中のランナーズ7月号では研究者が語る「心の壁」と題し、60代でサブスリーを達成した背景を心理面からも解説しています。

ランナーズ8月号 6月22日発売!

今話題の「日本版エチオピアン練習」。
肝は「超ゆっくりジグザグ走!!」

エチオピアといえば1960年のローマ五輪と、64年の東京五輪マラソンを連覇した「裸足のアベベ」ことアベベ・ビキラ選手が有名です。近年もマラソンやトラック長距離種目で数多くの五輪金メダリストや世界記録保持者が生まれています。
昨年秋に出版された『マラソン王国を生きる』(青土社)によると、同国は独立国家として歩んできたからこそのマラソン文化があり、その代名詞が意外と日本の市民ランナーも簡単に(!?)に真似できる「超ゆっくりジグザク走!」
本誌8月号では「日本版エチオピアン練習」を特集。次レースに向けての練習に”世界最速ノウハウ”を取り入れてみませんか?
※表紙モデルの福島舞さん(書籍編集者)は日本のエチオピアン練習伝道師であり、「超ゆっくりジグザグ走などがマラソン2時間54分41秒の自己ベストにつながった」と語ります。

「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手が月間3058km走破!

5月の「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手の倉井克幸さん(39歳)が3058km走破! どんなことを考え、何を食べたら1日平均100kmも走り続けられるのか? 速報インタビューをすると「身体がボロボロになるまで走り続けることが好きなんです」という名言が飛び出しました。

大会を走ろう!「秋冬フルマラソン最新情報」

今年の秋冬はほとんど全ての大会が開催を表明。待ちに待ったフルマラソンシーズンの到来です! 8月号では年内フルマラソン最新事情を一覧化しています。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント