本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

86歳、4時間7分4秒レジェンドが記す「今思うと、60代の頃は本当に若かった。」

ホームコースは諏訪湖(写真/小野口健太)

ホームコースは諏訪湖(写真/小野口健太)


現在発売中のランナーズ7月号では「50代からのマラソン快走戦略」と題した特集を掲載しています。
その中で今年の1歳刻みランキング85歳の部で1位、さらに86歳で挑んだ4月開催の長野マラソンを4時間7分4秒で完走した小口親司さんに加齢への考えを聞きました。



「座右の銘は『今が青春』いつまでも夢があり、明日があるんです」

「今回の長野マラソンではカナダのエドさん(※)が持っている85〜89歳の世界記録(3時間56分38秒)を狙っていたけれど、届きませんでした。でも、80代のうちに達成すればいいと考えるとあと4年ほどチャンスがある。『今が青春』の思いを大切にチャレンジし続けたいと思っています。そもそも私が走り出したのは60歳の時で、それからしばらくは絶好調でした。その後は何度か記録が低迷する壁に当たったけれど、そのたびに工夫して克服できています。だから、40代、50代の方々はまだまだ年齢のことなんか気にする時期ではないんですよ」こう話す小口さんは高校卒業後、地元メーカーの技術者として就職。
49歳の頃に独立して自宅敷地内に治工具の設計や製作に従事する店を構えた。走り出したキッカケは、医師に中性脂肪の多さを指摘されたこと。ちょうど趣味を探していた時だったため、ダイエットと趣味の両立としてランニングを始めました。
「今思うと、60代の頃は本当に若かった。63歳の時は月1回、北海道から九州まで日本全国でフルマラソンを走っていました。それでも全然疲れを感じなかったんです。67、68歳の時も年代別のカテゴリーでは負ける気がしていませんでした」

そんな小口さんだが、70歳を過ぎると「ある時から調子がガクンと落ち込んだ」といいます。
75歳では、それまで毎年3位以内に入っていた1歳刻みランキングで、前年から10分以上タイムを落として4位になりました(3時間43分)。
この時、息子の秀哉さんから「練習を見させてほしい」という申し出がありました。秀哉さんは2015年の勝田マラソンで2時間39分19秒を記録、週末の朝に小中学生向けのランニング教室を開催しているランナーです。
「それまでの練習はワンパターンでしたが、秀哉からの提案で3~4時間のジョギングや水中ウォーク、ウインドスプリント、筋トレなど様々なバリエーションのトレーニングができるようになりました。おかげでまた走力が伸びていったんです」80歳の長野マラソンでは3時間29分57秒をマーク。1歳刻みランキングは10年連続で1位を継続しています。

※エド・ウィットロックさん……73歳で2時間54分48秒、74歳で2時間58分40秒で走るなど、数多くのマスターズ世界記録を保持するカナダのランナー。2017年に86歳で亡くなった


右は息子の秀哉さん

右は息子の秀哉さん


ランナーズ8月号 6月22日発売!

今話題の「日本版エチオピアン練習」。
肝は「超ゆっくりジグザグ走!!」

エチオピアといえば1960年のローマ五輪と、64年の東京五輪マラソンを連覇した「裸足のアベベ」ことアベベ・ビキラ選手が有名です。近年もマラソンやトラック長距離種目で数多くの五輪金メダリストや世界記録保持者が生まれています。
昨年秋に出版された『マラソン王国を生きる』(青土社)によると、同国は独立国家として歩んできたからこそのマラソン文化があり、その代名詞が意外と日本の市民ランナーも簡単に(!?)に真似できる「超ゆっくりジグザク走!」
本誌8月号では「日本版エチオピアン練習」を特集。次レースに向けての練習に”世界最速ノウハウ”を取り入れてみませんか?
※表紙モデルの福島舞さん(書籍編集者)は日本のエチオピアン練習伝道師であり、「超ゆっくりジグザグ走などがマラソン2時間54分41秒の自己ベストにつながった」と語ります。

「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手が月間3058km走破!

5月の「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手の倉井克幸さん(39歳)が3058km走破! どんなことを考え、何を食べたら1日平均100kmも走り続けられるのか? 速報インタビューをすると「身体がボロボロになるまで走り続けることが好きなんです」という名言が飛び出しました。

大会を走ろう!「秋冬フルマラソン最新情報」

今年の秋冬はほとんど全ての大会が開催を表明。待ちに待ったフルマラソンシーズンの到来です! 8月号では年内フルマラソン最新事情を一覧化しています。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント