本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【2021フルマラソン1歳刻みランキング発表中】伊のランニング雑誌も年代別ランキングを発表していた!

左:イタリアの月刊誌「correre(コッレレ)」は、〝イタリア版ランナーズ〟とも言える(?)ランニング専門誌。右:毎年2月発売号には前年のフルマラソン記録集「MAXIMARATONA」がつく

左:イタリアの月刊誌「correre(コッレレ)」は、〝イタリア版ランナーズ〟とも言える(?)ランニング専門誌
右:毎年2月発売号には前年のフルマラソン記録集「MAXIMARATONA」がつく


現在発売中のランナーズ7月号では「2021フルマラソン1歳刻みランキング」を発表しています。
昨年度フルマラソンを走った方はご自身のランキングをぜひチェックしてみてください。



イタリアにも同様のマラソンランキングがあることを教えてくれたのは、昨年まで本誌に「イタリアからの熱血ランニング便り」を執筆していたジャンルーカ・ディ・メオさん(47歳)でした。


*****


日本の皆さん、チャオ! 日本では「ランナーズ」がマラソンの1歳刻みランキングを発表していると聞いた。今回は、イタリアにも同様のランキングがあることを紹介しようと思う。

2004年2月のある寒い朝、僕は日課のジョギングをするため公園に向かっていた。学生時代に長距離走をやっていたが、その後自転車競技に転向、プロを目指すも叶わず数年が経ち、30歳の僕は、体型を維持するためジョギングだけは続けていた。
公園へ向かう途中にある書店の店先で、ふと「correre(コッレレ)」(イタリア語で「走る」の意)という雑誌が目に入った。1981年創刊の月刊ランニング専門誌で、僕はその日初めてそれを買った。ページをめくると、開催まで2カ月を切ったローママラソンの広告があった。
雑誌には、「MAXIMARATONA」という付録がついていた。毎年1回つくフルマラソンの記録集で、前年にマラソンを走ったイタリアの全ランナーの名前とタイムが掲載されていた。見た瞬間、「これに載りたい」と思い、ローママラソンに挑戦することを決めた。そして3月、初マラソンのローマを完走し、翌年の「MAXIMARATONA」に僕の名前が載った。冊子には、前年に自分が完走した大会とタイムが全て掲載され、加えて、5歳刻みの年代別ランキングも発表されている。それはイタリアの全市民ランナーにとって大きなモチベーションになっていると言って間違いない。楽しく走り続けることも良いけれど、何歳になっても記録にこだわり、情熱を持って走り続けていくランナーは、最高にカッコいい!



イタリアを中心にヨーロッパ各地のウルトラトレイルを走るランナー。
2020年3月、新型コロナによるロックダウン中に自宅バルコニーで102kmを走ったことをキッカケに本誌に登場した。



発売中のランナーズ7月号の誌面では各年齢1位から100位までのランキングを掲載。
またRUNNETでも順位を確認できます。
101位以降の方もRUNNETの「2021フルマラソン1歳刻みランキング」のページにてご自身のお名前、ベストタイムを出した年齢、性別を入力し検索すると、順位を確認することができます。



ランナーズ8月号 6月22日発売!

今話題の「日本版エチオピアン練習」。
肝は「超ゆっくりジグザグ走!!」

エチオピアといえば1960年のローマ五輪と、64年の東京五輪マラソンを連覇した「裸足のアベベ」ことアベベ・ビキラ選手が有名です。近年もマラソンやトラック長距離種目で数多くの五輪金メダリストや世界記録保持者が生まれています。
昨年秋に出版された『マラソン王国を生きる』(青土社)によると、同国は独立国家として歩んできたからこそのマラソン文化があり、その代名詞が意外と日本の市民ランナーも簡単に(!?)に真似できる「超ゆっくりジグザク走!」
本誌8月号では「日本版エチオピアン練習」を特集。次レースに向けての練習に”世界最速ノウハウ”を取り入れてみませんか?
※表紙モデルの福島舞さん(書籍編集者)は日本のエチオピアン練習伝道師であり、「超ゆっくりジグザグ走などがマラソン2時間54分41秒の自己ベストにつながった」と語ります。

「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手が月間3058km走破!

5月の「さつきラン&ウォーク」でシャンソン歌手の倉井克幸さん(39歳)が3058km走破! どんなことを考え、何を食べたら1日平均100kmも走り続けられるのか? 速報インタビューをすると「身体がボロボロになるまで走り続けることが好きなんです」という名言が飛び出しました。

大会を走ろう!「秋冬フルマラソン最新情報」

今年の秋冬はほとんど全ての大会が開催を表明。待ちに待ったフルマラソンシーズンの到来です! 8月号では年内フルマラソン最新事情を一覧化しています。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント