本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

「姿勢力」は「アスリート力」だ!

写真/小野口健太

写真/小野口健太


ランナーズ5月号の表紙は東京マラソンを走るエリウド・キプチョゲ選手でした。
読者から「かっこいい‼」「憧れる」と反響をいただきました。
キプチョゲ選手のようなフォームに(少しだけでも⁉)近づくためのコツは「上半身」にあると語るのは、ソウル五輪(88年)1万m日本代表の米重修一先生です。
今回は、2016年5月号に掲載した内容を米重先生に改めて解説いただきました。


脱・下半身、脱・筋肉でパフォーマンスアップ

私のランニング理論の原点は、1983年のヘルシンキ世界陸上と1984年のロサンゼルスオリンピックに1万mイタリア代表として出場し、いずれも金メダルを獲得したアルベルト・コバとの出会いに遡ります。
当時の日本で主流だった、「地面を蹴って、腕を強く振って、歩幅(ストライド)を伸ばす」という指導を受けていた私にとって、彼の走りを目にしたときの率直な印象は「なんじゃこりゃ⁉」。まるで雷に打たれたかのような衝撃でした。具体的には一見するとゆっくりでも、腰をしなやかにローリング(骨盤をぐるぐる)させ、「地面を蹴らずに」大きな動きを体現。日本とは対極にある走りの理論でした。
今でこそ、スポーツ力学の観点から「蹴ることの弊害」は筋肉を使うことで生まれる「力み」によるパフォーマンス低下にあると判明していますが、欧米では30年も前から下半身の筋肉に頼らずに骨格で走る論理が成熟していたことになります。
一方、日本においては、前述した誤解に基づく指導が未だに散見される現状があるのです。


*****


米重修一
元5000m日本記録保持者で1988年のソウルオリンピックに5000m、1万mの日本代表として出場。
旭化成を退社後に拓殖大学陸上競技部監督に就任。
2012年に開催されたロンドンオリンピックのマラソン男子日本代表として出場した藤原新選手や中本健太郎選手を育成。


現在発売中のランナーズ6月号では米重先生が勧める「腰高ウォーキング」もイラスト付きで紹介しています。

ランナーズ7月号 5月20日発売!

表紙は「日本が誇る、世界最速夫婦!」

鈴木健吾&一山麻緒ご夫妻は、今年の東京マラソンで出した2人の合計タイム4時間26分30秒がギネス世界記録すなわち「日本が誇る世界最速夫婦」です。夫婦対談では麻緒選手が「彼はいつもストレッチをしている」「独身時代にしていなかった料理を今は敢えてしている」などの結婚秘話、健吾選手が「世界トップとの差をどのように埋めていくか」の展望を語ってくれました。夫婦で出場する7月の世界陸上前にぜひお読みください。


「50代からのフルマラソン快走戦略」 ~加齢は味方につけられる~

表題を筑波大学との共同実験で掘り下げると、50歳を過ぎると筋力や最大酸素摂取量が低下する一方で、マラソン30km以降の失速防止に重要なファクタとなる「脂肪燃焼力」は〝加齢の影響〟を受けないことが分かりました。つまり、〝脂肪燃焼力の向上〟にフォーカスした練習を行うことこそが、ランナーとして加齢に打ち克ち、マラソンで目標を達成するためのポイントです。脂肪燃焼力を向上させるためのトレーニングも紹介します。

「フルマラソン1歳刻みランキング2021」発表

2021年4月~22年3月に開催されたフルマラソンを対象とした1歳刻みランキングを発表。全完走者数が少ない当年度にフルを走った方は「夢の100位ランクイン」の可能性がグンと上がっています!



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント