本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

新厚底シューズ発売! アシックスの挑戦


4月24日(日)にアシックスがスペイン・マラガで開催した「META: Time: Trials(メタタイムトライアル※)」は、世界各国のアスリート73人が同社の新厚底シューズ「METASPEED+(メタスピードプラス)」をはいて出走。
本誌編集部が現地を取材、アシックスの挑戦をレポートします。

※「META: Time: Trials」は世界陸連公認レース。種目はハーフ、10km、5km)


朝7時40分にハーフマラソン号砲

「National Record!(ナショナルレコード!)」
4月24日(日)午前、スペイン・地中海岸のリゾート地であるマラガ(アンダルシア州)の一角は熱気に包まれていました。
各国からアシックス契約ランナーが集い、晴天の下、市街地の中心部に設定された2.3kmのコースでハーフ・10km・5kmの世界陸連公認レースが開催されていたからです。その名もMETA: Time: Trials(メタタイムトライアル)。

一風変わったこのレースの名前はアシックスが前日に発表した新厚底シューズ「METASPEED+(以下、メタスピード+)」から由来しています。全参加者がこの新厚底シューズをはいて走る、商品PRを主たる目的としたレース。
現地には各国のランニングメディアやSNSでの発信を積極的に行うアシックスフロントランナーのメンバー100人以上が招待され、”情報拡散”体制はバッチリでした。

レース前には様々な人種の選手がひとりずつド派手なマイクパフォーマンスで紹介され、7時40分のハーフを皮切りに10km、5kmの順でスタート。各種目に複数のペースメーカーがつき、参加73人中27人が自己ベストを更新し、4つの国内記録(ナショナルレコード)が誕生しました。

ニューヨーク・シティマラソン王者を母に持つイギリスのエイリッシュ・マッコルガン選手は、女子5kmで同国記録となる14分45秒をマーク。『ランナーズワールド』のサイトには「レースの朝、アラームが鳴ったとき、私はすぐにレースをしたいと感じました。アシックスチームの雰囲気はとてもポジティブでした」というコメントが掲載されています。

レース前日にはメディアを対象にASICS Speed Lab(以下、アシックススピードラボ)が行われ、同社の開発・研究メンバーが新シューズ「メタスピード+」の機能や前作からのアップデートポイントをプレゼンテーション。気になるその内容は下記をご覧ください。


METASPEED SKY+(ストライド型)

【機能】
ストライド型のランナーが、よりストライドを伸ばすことを追求。前作よりもカーボンプレートをフラットな形状とし、ミッドソール内の上部に配置。また、クッションフォーム材「FF BLAST TURBO」を4%増量。これによりプレート全体でフォーム材を圧縮させることで着地後に生じる”反発”がより大きく生み出される。

【製品情報】
・ソールの厚み 34-39mm
・かかととつま先の高低差 5mm
・ミッドソール 28-33mm
・アウターソール 1.5mm
・推定重量(27.0cm) 約205g
・価格 27,500円(税込)


METASPEED EDGE+(ピッチ型)

【機能】
ピッチ型のランナーが、ピッチを調整しながらストライドを伸ばすことを追求。前作と比較し、カーボンプレートの形状をスプーン状としミッドソール内のつま先に向かって下がるような傾斜がついている。地面をける際に、フォーム材を足の前足部へ局所的に圧縮させることで大きな”反発”が得られ、効率的な足運びをサポートする。

【製品情報】
・ソールの厚み 31-39mm
・かかととつま先の高低差 8mm
・ミッドソール 25-33mm
・アウターソール 1.5mm
・推定重量(27.0cm) 約210g
・価格 27,500円(税込)



新シューズ「メタスピード+」やイベント「メタタイムトライアル」の詳細は5月20日発売のランナーズ7月号で12ページにわたり大特集!
本号では「50代からのフルマラソン快走戦略」を特集するほか、「フルマラソン1歳刻みランキング2021」を発表します。

ランナーズ7月号 5月20日発売!

表紙は「日本が誇る、世界最速夫婦!」

鈴木健吾&一山麻緒ご夫妻は、今年の東京マラソンで出した2人の合計タイム4時間26分30秒がギネス世界記録すなわち「日本が誇る世界最速夫婦」です。夫婦対談では麻緒選手が「彼はいつもストレッチをしている」「独身時代にしていなかった料理を今は敢えてしている」などの結婚秘話、健吾選手が「世界トップとの差をどのように埋めていくか」の展望を語ってくれました。夫婦で出場する7月の世界陸上前にぜひお読みください。


「50代からのフルマラソン快走戦略」 ~加齢は味方につけられる~

表題を筑波大学との共同実験で掘り下げると、50歳を過ぎると筋力や最大酸素摂取量が低下する一方で、マラソン30km以降の失速防止に重要なファクタとなる「脂肪燃焼力」は〝加齢の影響〟を受けないことが分かりました。つまり、〝脂肪燃焼力の向上〟にフォーカスした練習を行うことこそが、ランナーとして加齢に打ち克ち、マラソンで目標を達成するためのポイントです。脂肪燃焼力を向上させるためのトレーニングも紹介します。

「フルマラソン1歳刻みランキング2021」発表

2021年4月~22年3月に開催されたフルマラソンを対象とした1歳刻みランキングを発表。全完走者数が少ない当年度にフルを走った方は「夢の100位ランクイン」の可能性がグンと上がっています!



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント