本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【素晴らしき朝ランの世界 06】通勤ランなら時間を節約しながら練習量を確保できる!


朝ランを習慣づけたい、効率的に走る時間を確保したい。そんな人にお勧めなのは、朝の通勤ランです。
なにしろ「通勤」という毎日の行為に付随するのですから、習慣づけやすく、走行距離も確実に増やせます。
さらに時間の有効活用、エコロジー、交通費も浮いて…。
そんな通勤ランのメリットについて、通勤ランナーたちの声を集めてみました。



★時間を有効利用できる!
通勤時間が電車で50分のところを、通勤ランで90分かけて走っています。
つまり「プラス40分」だけで、90分ジョグができるということです。
忙しいビジネスマンにとって、この時間のお得感が、通勤ランのメリットではないでしょうか?

★トレーニング量を一気に増やすことができた
通勤ランで片道17kmを走っています。
ペースはそれほど上げないので、慣れてくると疲労度もそれほど感じなくなり、仕事でもむしろ元気になるくらいです。
レース前の練習量を増やしたい時期には、帰宅ランも加え、1日で34kmの走行距離を稼ぐこともあります。
通勤ランは、毎日の習慣にすると、一気に走行距離を増やすことができるのがよい点です。

★通勤ストレスも軽減
朝の満員電車を回避できる精神的な解放感も大きく、さらに走行距離が増やせるため、トレーニングがしっかりできるという満足感もあって精神的にとても安定します。

★タイムマネジメントにも効果的
たとえ寝坊しても、通勤ランの距離を短くして(電車移動分を長くして)調整することができ、仕事に影響しなくなりました。

★通勤定期代が浮くので節約にもなる
東日本大震災が起こったとき、毎日通勤ランをしていたので、浮いた電車の定期代を被災地に寄付しました。
交通費を別のことに活用できるのも通勤ランのメリットです。


※月刊ランナーズより抜粋




ランナーズ7月号 5月20日発売!

表紙は「日本が誇る、世界最速夫婦!」

鈴木健吾&一山麻緒ご夫妻は、今年の東京マラソンで出した2人の合計タイム4時間26分30秒がギネス世界記録すなわち「日本が誇る世界最速夫婦」です。夫婦対談では麻緒選手が「彼はいつもストレッチをしている」「独身時代にしていなかった料理を今は敢えてしている」などの結婚秘話、健吾選手が「世界トップとの差をどのように埋めていくか」の展望を語ってくれました。夫婦で出場する7月の世界陸上前にぜひお読みください。


「50代からのフルマラソン快走戦略」 ~加齢は味方につけられる~

表題を筑波大学との共同実験で掘り下げると、50歳を過ぎると筋力や最大酸素摂取量が低下する一方で、マラソン30km以降の失速防止に重要なファクタとなる「脂肪燃焼力」は〝加齢の影響〟を受けないことが分かりました。つまり、〝脂肪燃焼力の向上〟にフォーカスした練習を行うことこそが、ランナーとして加齢に打ち克ち、マラソンで目標を達成するためのポイントです。脂肪燃焼力を向上させるためのトレーニングも紹介します。

「フルマラソン1歳刻みランキング2021」発表

2021年4月~22年3月に開催されたフルマラソンを対象とした1歳刻みランキングを発表。全完走者数が少ない当年度にフルを走った方は「夢の100位ランクイン」の可能性がグンと上がっています!



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント