本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

ランナーズ3月号表紙モデルは日本テレビアナウンサー石川みなみさん

写真/小野口健太

写真/小野口健太


「箱根駅伝前に中央大学を取材しました」

今号の表紙モデルを務めた石川みなみさんは、日本テレビに勤務する入社2年目のアナウンサー。5歳の時から広島の陸上競技クラブに通い、中学時代は全国中学駅伝にメンバー登録をされた経験を持つ。
「小学校6年生の時にテレビで見た箱根駅伝で早稲田大学に一般入試で入った選手が走っていました。アナウンサーが『これが最初で最後の箱根です』と言っていて、この選手は4年間の努力によって箱根駅伝出場の切符をつかんだんだ、と思ったんです。この時から早稲田大学に憧れを持ち、アナウンサーという仕事を少しですが、意識するようになりました」
早稲田大学在学中の日本テレビ入社面接では「ほとんど箱根駅伝のことを喋った」と言い、昨年末には中央大学を取材した。


本誌3月号では中央大学への取材で印象に残ったことや、箱根駅伝当日に行っていたTV中継を面白くするための「細かい仕事」について掲載しています。



ランナーズ6月号、発売中!

新型コロナウイルスが蔓延し始めた2年前の今頃は、街中から人の活気が消えていました。大会は続々と中止になり、自宅の周りを走ることにすら気をつかう日々でした。あれから2年が経過し、社会もランニングを取り巻く環境も大きく変わりました。
RBSはこれまでになかった新たな形のランニングイベントを続々と開催します。合言葉は〝走る挑戦で、人生を彩ろう〟。2022年4月22日、「ランニングチャレンジ2022」を始動します。全詳細をランナーズ最新号で紹介します。


【これが2022年度の新チャレンジ】

・1歳刻みランキングが月間化! 憧れの年齢別100位内に手が届くかも!?
・新称号は“グランドスラム”! 日本全国の大会を駆け巡り、累計1000km走破に挑む
・「手づくりミニイベント」さらなる進化へ――モシコムX(エックス)始動!
・走ろうにっぽん湖走シリーズ始動 「夢のびわ湖1周」をランツアーで実現!
・「TATTAイベント」で、日本の四季や文化をもっと楽しもう
・サイネージを活用した次世代型イベントの扉が開かれた



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント