本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【正月太りを打破! 03】ペース走が無理なら、スロージョグとスクワットでなまった身体を再生


体重の「セットポイント説」という言葉をご存じですか?
体重が常に一定になるよう、脳が食欲やエネルギー代謝をコントロールしているという説です。
なので、年末年始に急激に太る「正月太り」も、時間をかけさえすれば、いつか自然に元に戻っていくはずです。
ただ、レースが迫っているなど早く身体を戻したいランナーは、前回紹介したような「ハーフマラソンペース」で、週末2日間で一気に戻すのが手っ取り早い方法です。

とはいえ、「いきなりペース走は無理」という人もいるでしょう。
そんな場合は、一気に解決とはいきませんが、「スロージョグ」と「スクワット」を取り入れてみましょう。

ウォーキングとランニングでは、まったく同じ速度であっても、ランニングのほうが酸素摂取量が多く、エネルギー消費を促進するというデータがあります。
ですから、どんなに身体がなまっていても「まずはウォーキングから」とは考えず、超スローペースでいいので走ったほうがダイエット効果は高くなります。
年末年始、お酒を飲む機会が多かったならなおさら、内臓の血流を促進し、コンディションを整えるという意味でも、スロージョグが効果的です。
ランニングフォームを意識しながら取り組めば、今後の走り込みや、レースを意識したトレーニングにもスムーズに入っていけるでしょう。

またテレビを見ながらでもいいので、スクワットにも取り組んでみてください。
これは筋力強化が目的ではなく、身体の大きな筋肉に刺激を入れることで、基礎代謝アップのスイッチを入れるのが狙いです。
余力があれば、腹筋や背筋などのトレーニングも組み合わせるとベターです。



●スクワット
ひざの角度が90°になるまで腰を落とす。猫背にならないよう注意しながらリズミカルに20回×2セット



※月刊ランナーズより抜粋





ランナーズ6月号、発売中!

新型コロナウイルスが蔓延し始めた2年前の今頃は、街中から人の活気が消えていました。大会は続々と中止になり、自宅の周りを走ることにすら気をつかう日々でした。あれから2年が経過し、社会もランニングを取り巻く環境も大きく変わりました。
RBSはこれまでになかった新たな形のランニングイベントを続々と開催します。合言葉は〝走る挑戦で、人生を彩ろう〟。2022年4月22日、「ランニングチャレンジ2022」を始動します。全詳細をランナーズ最新号で紹介します。


【これが2022年度の新チャレンジ】

・1歳刻みランキングが月間化! 憧れの年齢別100位内に手が届くかも!?
・新称号は“グランドスラム”! 日本全国の大会を駆け巡り、累計1000km走破に挑む
・「手づくりミニイベント」さらなる進化へ――モシコムX(エックス)始動!
・走ろうにっぽん湖走シリーズ始動 「夢のびわ湖1周」をランツアーで実現!
・「TATTAイベント」で、日本の四季や文化をもっと楽しもう
・サイネージを活用した次世代型イベントの扉が開かれた



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント