本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

「フルマラソンの走り方を忘れてしまった!」実践すべきは週末42.195km走!?

写真/軍記ひろし

写真/軍記ひろし

昨年末からフルマラソンが再開しています。11月28日(日)の富士山マラソンでは2年ぶりの開催に沸いた一方で、ランナーからは「楽なペースのはずなのに急失速、フルマラソンの走り方を忘れてしまいました!」という声も!!「フルマラソンの走り方を忘れた」とは一体どんな状態なのか? T.Tアスリートクラブ代表の堤健至コーチが解説します。


 私が練習会などで感じるのは、コロナ禍では在宅勤務で走る回数が増えた一方、レースがなくなったことでスピード走や30kmのロング走をする機会がなくなった人が多い、ということです。高い負荷のかかるトレーニングをしていないので、レース後半に体内のエネルギーが枯渇し始めると「今日は調子が悪くなった人が多い、ということです。高い負荷のかかるトレーニングをしていないので、レース後半に体内のエネルギーが枯渇し始めると「今日は調子が悪いのではないか?」と身体と脳の"悪い対話"が始まり、失速へとつながります。
 フルマラソン失速対策として大切なのは30km走などのロング走を複数回行い、脳にキツくなってからも身体を動かし続ける感覚を思い出させることです。週末2日間の合計で42.195km以上走ることでフルマラソンへの精神的耐性をつけけることもお勧めします。

堤健至
会社員を経て、「T・Tアスリートクラブ」を立ち上げた。過去3年以内のベストは2時間36分34秒(2018大阪)


「ひとりで30km走を走り切る自信がない」「イベント感覚で30km走を楽しく走りたい」という方にはモシコムイベントがおすすめ!




現在発売中のランナーズ2月号では堤コーチの他、研究者、精神科医のそれぞれの見地から「フルマラソンの走り方を忘れた」という状態を解説。「フルマラソンの走り方を思い出す」ためのトレーニングも紹介しています。

ランナーズ2月号、発売中!

今号は「フルマラソンの走り方を忘れてしまった!!」を緊急特集。"久々のフルマラソン"で快走するために必要な"脳力"と"走力"を高める方法を伝授。フルにエントリーしている方は必読です!

ランナーズ誌上初、犬の表紙が目印です。





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント