本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

豪ランニングクラブ事情 人気の秘密はイケメン&美女コーチ(東京五輪代表)!!

写真/RUNASONE

写真/RUNASONE

世界各地でコロナ禍を期にオンラインマラソンなど新たなイベントが始まりましたが、オーストラリア・アデレードでは新たにあるランニングクラブが立ち上げられ、人気となっています。現地在住の田岡万由子さん(50歳)が人気ランニングクラブをレポートします。

こちらオーストラリアは夏時間になって日の出が早くなり、真っ暗な中を走ることはなくなったが、起床時間は変わらず、4時半にアラームが鳴る。10歳の息子を起こして、5時45分には学校と仕事の準備をして家を出る。
私と息子が所属するランニングクラブ「ラン・アズ・ワン」の平日練習会は、火曜日と金曜日の朝6時半スタート。雨が降ろうが、風が強かろうが、毎回100人以上のランナーが必ず集まってくる。練習の内容は、前日にクラブのSNSにアップされる。月に1回は坂道トレーニングと400mトラックでの5000mタイムトライアルが必ず盛り込まれる。
クラブ名のラン・アズ・ワンは「どんなレベル、年齢の人もともに走ろう」という意味だ2020年7月、コロナ禍で3人の現役プロランナーによって立ち上げられた。 
ライリー・コックス(25歳・写真左)はハーフマラソンのベストが1時間2分54秒で2020年世界ハーフ選手権のオーストラリア代表(コロナのため大会は中止)。理学療法士の資格も持つ。イジー・バットードイル(26歳・写真中央)は今夏、東京オリンピック女子5000mに出場。5年間アメリカのワシントン大学に在籍した経験を持つ。2人はプロランナーとしてのスポンサー収入とラン・アズ・ワンのクラブ運営の収入で生活をしている。
ジェイコブ・コックス(27歳・写真右)はアデレードの高校で英語教師をしながらトレーニングを行い、フルマラソンの自己ベストが2時間22分45秒。今年のアデレードマラソン優勝者だ。学校やアスレチッククラブでの講演、ジュニアの育成にも携わっている。

なぜ3人はこのクラブを立ち上げたのか? 田岡さんから届いたレポート全文をランナーズ2月号に掲載しています。


ランナーズ2月号、発売中!

今号は「フルマラソンの走り方を忘れてしまった!!」を緊急特集。"久々のフルマラソン"で快走するために必要な"脳力"と"走力"を高める方法を伝授。フルにエントリーしている方は必読です!

ランナーズ誌上初、犬の表紙が目印です。





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント