本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【月刊『ランナーズ』で2021年を振り返る!】東京オリンピック・パラリンピック男女マラソン、フルマラソン開催を目指す「金沢マラソン」「奈良マラソン」~11月号編~

2021年もランナーとともに歩んだ『月刊ランナーズ』。ランナーズ誌上を賑わせた記事とともに、この1年を振り返ってみました!

★東京オリンピック 男子マラソンはエリウド・キプチョゲ(ケニア)が連覇

写真:ロイター/アフロ

写真:ロイター/アフロ


2021年のスポーツ界最大の出来事は、なんといっても東京オリンピック。
最終日、8月8日(日)に北海道札幌市で開催された男子マラソンでは、30km以降にペースを上げたケニアのエリウド・キプチョゲ選手(36歳)が独走。2時間8分38秒で五輪二連覇を果たしました。
最初こそ、感染症対策を考慮して拍手のみが響いていましたが、後半は「大迫!」といった声援が飛び交った沿道の高ぶりをリポートしています。


★暑さとの闘い!前夜に急遽スタートが早まった女子マラソン

遡ること2年前、暑さ回避のため、東京オリンピックのマラソンと競歩の会場が札幌に変更になり話題になりましたが、ひにくなことに今夏、北海道は歴史的な暑さに見舞われ、女子マラソンは、開催日前夜に急遽スタートを1時間繰り上げるという異例の措置に。
実際、8月7日の女子マラソン当日、札幌は97年ぶりに連続真夏日更新という日となり、厳しい暑さとの闘いになりました。


★東京2020 パラリンピック マラソン


9月5日(日)に開催された、東京パラリンピック「マラソン」の記事では、浅草・雷門の前で沿道に向かって深々とお辞儀をした後、ガッツポーズをしながら再び走り始めたハーバード・バートゥンハマル選手(45歳・フェロー諸島からただひとりの代表)。を取り上げています。応援自粛が呼びかけられている中でも拍手でエールを送る人々に、レース中に熱いものがこみ上げてきたのでしょう。
スポーツを通じた挑戦が、社会に大きな力をもたらすことを、コロナ禍で開催された東京オリンピック、パラリンピックは改めて示してくれました。


★わが大会はフルマラソンを諦めていません!「金沢マラソン」「奈良マラソン」

今年、大型フルマラソンが再開できるのかどうか・・・、多くのランナーが不安に感じていた9月、フルマラソン開催を予定していた「金沢マラソン」「奈良マラソン」の主催者にインタビューを行いました。
感染対策の徹底のため、これまでとは違う様々な点に配慮した運営の確立に奮闘。果たしてランナーは戻ってきてくれるのかという不安を抱えながら、結局両大会ともエントリー開始から2時間ほどで定員に達し、ランナーからの期待を実感したと言います。
※金沢マラソンのリポートは12月号に掲載


※次回は12月号(2021年10月21日発売)を振り返ってみます!


ランナーズ2月号、発売中!
今号は「フルマラソンの走り方を忘れてしまった!!」を緊急特集。"久々のフルマラソン"で快走するために必要な"脳力"と"走力"を高める方法を伝授。フルにエントリーしている方は必読です!
ランナーズ誌上初、犬の表紙が目印です。





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント