本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【スピード走に挑戦! 03】体験者の声、1km疾走トレーニングのコツと効果


1kmだけスピードを上げて走る「1km疾走」トレーニングを前回提案しましたが、実際にやってみると、慣れないうちはペースを上げ過ぎて失速してしまう人が多いようです。
1km疾走トレーニングで、失速せずに走り切るコツは2点。

1.前半のスピードを抑える
前半は「少し物足りない」と感じるくらいのスピードで走り始めてちょうどよい。

2.後半腕を大きく振る
後半になって「苦しい」と感じてからは、腕を大きく振るなど、身体の動きが小さくならないように意識すること。

月刊ランナーズでは、この「1km疾走トレーニング」を何人かのランナーに実際に定期的に行ってもらい、その効果を体験してもらいました。
そのときの参加者のコメントを抜粋してご紹介しましょう。


●ペースコントロールができるように
「最初は前半スピードを上げて後半失速することが多かったのですが、回を重ねるごとに落ち幅が減少。最近は『このスピードでは速すぎる。スピードを落とそう』と…」ペースコントロールできるようになったといいます。
「1.前半からスピードアップ、2.イーブンペース、3.後半を上げる、という3パターンで試してみたところ、後半上げるパターンが最もいい記録でした」というランナーは「500mまでは余裕を持ち、最後の100mは気合を入れて全力疾走」という走り方に落ち着いたようです。

●フォーム改善を意識して走る効果
「タイムを上げられるようにランニングフォームにも意識を持てるようになりました」という声も。
その結果「以前はスピードを上げると肩に力が入ってしまっていたけれど、いまはスピードを上げてもリラックスして走れるようになりました」

●メンタルのコントロールもできるように
「まだ前半だからリラックスしよう」「ここから頑張ろう」と、トレーニング中の気持ちを切り替え、コントロールできるようになったという声も聞かれました。

●体重が落ち身体が引き締まった!
「このトレーニングを何回か行っているうちに、走行距離自体はそれまでと変わりはないのに、徐々に体重が減って、身体が引き締まってきたのがわかりました」という声も聞かれました。
これは、スピードを普段より上げることで、筋肉の活動量が増え、代謝が高まったことが原因と考えられます。


※月刊ランナーズより抜粋、編集






本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント