本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

57歳の古泉さんが1万mで32分36秒! 天然筋トレと2時間ジョギングが強さの秘訣

現場でドリルを持って作業する古泉さん

現場でドリルを持って作業する古泉さん


11月13日(土)に開催された日本体育大学長距離競技会の1万mで、57歳の古泉辰男さんが32分36秒をマーク。この記録は55歳以上のマスターズ日本記録を1分51秒上回るタイムでした。

古泉さんは愛媛県で土木業の会社を経営しており、2019年の愛媛マラソンで54歳にして2時間29分13秒をマーク。普段は月曜日から土曜日まで朝7時から午後5時まで現場で車を運転したり、ドリルを使って作業するなど「天然筋トレ生活」を送っています。
トレーニングは体調に応じてキロ4分~7分までペースを変化させる2時間ジョギングが基本で、400m×20本(74秒)や6000mビルドアップ走(3分35~15秒)+200m×10本(32~33秒)といったスピード走で刺激を入れてきたそうです。

「私は51歳の時の1万mのタイムが32分20秒で、6年経っても走力を維持したまま走れています。これは毎日の2時間ジョギングで腕振りの角度や目線の位置など、自分にとって一番楽なフォームを探し続けている成果だと思っています。今後は1月末の愛媛マラソンがメインのレース。最低でも2時間30分を切り、できればマスターズ世界新記録の2時間25分を目指したいと思います」


脚の筋肉は年齢を感じさせない(?!)※写真は10月に行われたレースのもの

脚の筋肉は年齢を感じさせない(?!)※写真は10月に行われたレースのもの





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント