本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

ランナーズ賞受賞者が「パラリンピック」で大活躍! 和田伸也さん(44歳)


1年延期して開催された、「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)」「東京 2020 パラリンピック競技大会」が終了しました。
最終日の9月5日(日)には、新国立競技場を発着とするコースでパラリンピックのマラソンが行われました。
種目は「T12…視覚障がいクラス(男子/女子)」「T46…上肢切断・上肢機能障がいクラス(男子のみ)」「T54…車いすクラス(男子/女子)」の3クラス5種目です。
パラリンピックの長距離種目で活躍したのが、過去に「ランナーズ賞(公益財団法人ランナーズ財団主催・選考委員会委員長 増田明美)」を受賞した和田伸也さん(44歳)と西島美保子さん(66歳)です。

16年にランナーズ賞を受賞した和田伸也さん(44歳)は5000m(T11=全盲)で銅メダル、1500m(T11=全盲)で銀メダルを獲得し、マラソン (T12=視覚障害)では9位に入り、「全盲」のランナーではただ1人の完走を果たしました(マラソンは全盲と弱視のランナーが同じクラスとなる。)
和田さんは大学2年時に網膜色素変形症により視力を失い、29歳でランニングを始め、2008年に走った2度目のフルマラソン(福知山)で初サブスリー。現在は商社「長瀬産業」の支援を受けながら競技に打ち込んでいます。5年前の本誌取材ではこんなことを語っています。
「全盲になった当初はもうスポーツができないと思いました。でも、ランニングを始めて多くの仲間と出会い、人生が充実しました。今は1日が24時間では足りないぐらいです」

パラリンピックに出場したランナーやその関係者はどんな挑戦をしてきたのか、9月22日発売のランナーズ11月号で詳報します。






本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント