本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

アシックス 廣田康人社長が語る 創業者から受け継いだ「頂上作戦」(2)

今年春に行われた「ASICS INNOVATION SUMMIT」には川内優輝選手も登壇(写真/小野口健太)

今年春に行われた「ASICS INNOVATION SUMMIT」には川内優輝選手も登壇(写真/小野口健太)


今年の箱根駅伝でアシックスのシューズをはいた選手がいなかった一方、同社は第1四半期(21年12月期)の売上が3年振りに1000億円を突破する増収増益! カシオ計算機と協業でランナー向けパーソナルコーチングサービス「Runmetrix(ランメトリックス)」をスタートさせるなど近年、デジタルサービスを積極展開していることも特徴だ。RUNNETchannel編集長の京谷和央が「月刊ランナーズ」定期購読者でもある廣田康人社長にインタビューをすると、「全ての原点は失敗にあった」。ランナーズonlineでは2回に渡って紹介します。


スポーツは転んだら起きればいい

京谷 多くのランナーが昨今の「厚底シューズ競争」にアシックスさんがどう挑むのか、気になっていると思います。ただ、そこは正直に申し上げて、苦戦しているのではないかな、と。
廣田 今年の箱根駅伝では弊社のシューズをはいた選手がひとりもいませんでした。数年前までソーティやターサーといった、いわゆる薄底のスピードシューズでシェアNo.1をとっていたことに胡坐をかいていたことは、間違いありません。技術革新が進む中で、我々は「シューズを軽量化するためにソールは薄くしなくてはならない」という、かつての常識からなかなか脱することはできていませんでした。
京谷 ただ、その中で今年のびわ湖マラソンで川内優輝選手が御社の厚底「メタスピードスカイ」をはいて、8年振りに自己記録を更新していますね。
廣田 2018年11月のボストン出張の際に時差で寝付けなかった時に「やっぱり頂上奪還だ」と思い立って作り始めたのがメタスピードシリーズです。かつて弊社の創業者・鬼塚喜八郎は「頂上作戦」を提唱していました。今回のプロジェクト名は「C-Project」。Cはチャンピオンではなく頂上です。ただ現状、トップ層は陸上競技のスパイクも含めて、まだまだナイキさんの独壇場なので、何とかスタートラインに立った段階かなと思っています。
京谷 ここまでの話を聞いていて思うのが、廣田社長は失敗や反省を肥やしにしている、ということです。実際に社長に就任された2018年のインタビュー記事で「スポーツは転んだら起きればいい」「失敗しても成功するまでやればいい」という御社創業者の言葉を引用されていましたね。

廣田康人社長のインタビューは現在発売中の10月号に全文掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。


廣田康人さん:
株式会社アシックス 代表取締役社長 COO
1956年生まれ、愛知県出身。早稲田大学卒業、新卒入社した三菱商事を経て2018年より現職。2007年にランニングを始め、フルマラソンの自己ベストは2017年の大阪で出した3時間53分27秒。




本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント