本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

東京オリンピック代表の田中希実選手、陸上に打ち込むきっかけは「海外に行きたい(?)」

田中選手はランナー一家の長女!

田中選手はランナー一家の長女!


東京オリンピックの陸上競技が7月30日から始まり、初日の長距離種目では男子3000m障害、女子5000m予選、男子1万m決勝が行われます。女子5000mには先日1500mの日本記録を更新した田中希実選手が出場。田中選手の母、千洋さんは北海道マラソンで優勝経験があり、また日本で初めて出産後に2時間30分を切ったランナーです。田中選手が昨年7月に3000mの日本記録を樹立した際、ランナーズに手記を寄せてくれました。

私は中学から陸上競技を始めました。希実が2歳だった2002年の名古屋国際女子マラソンで、2時間29分30秒で走ることができました。2006年からはランニングイベントや練習会を開催するようになり、子どもたち(希実さん、次女希空さん)も一緒にランナーのサポートを楽しんでいました。たくさんの市民ランナーの方々との出会いがあり、楽しく練習できるようになったおかげで、私は多くの市民マラソンで優勝。海外マラソンに派遣していただきました。当時小学生だった希実は本が好きで、本に出てくる国のマラソンに私が参加していることを知り、「自分も将来、陸上で頑張って色んな国の大会にでてみたい」と思ったようです。2011年~12年には私がゴールドコーストマラソンに出場した際に希実も同行し、キッズの部(2kmと4km)で優勝。海外で走る楽しさを体感したようです。今は希実も大舞台で走るようになりました。私はどのレースでも希実自身が納得できる走りができて、すっきりとした顔をしてくれたらホッとします。


手記全文は2020年10月号に掲載しています。「ランナーズ+メンバーズ」では過去10年分のランナーズがデジタル版で読み放題です。お申込みは↓から!


ランナーズ6月号、発売中!

新型コロナウイルスが蔓延し始めた2年前の今頃は、街中から人の活気が消えていました。大会は続々と中止になり、自宅の周りを走ることにすら気をつかう日々でした。あれから2年が経過し、社会もランニングを取り巻く環境も大きく変わりました。
RBSはこれまでになかった新たな形のランニングイベントを続々と開催します。合言葉は〝走る挑戦で、人生を彩ろう〟。2022年4月22日、「ランニングチャレンジ2022」を始動します。全詳細をランナーズ最新号で紹介します。


【これが2022年度の新チャレンジ】

・1歳刻みランキングが月間化! 憧れの年齢別100位内に手が届くかも!?
・新称号は“グランドスラム”! 日本全国の大会を駆け巡り、累計1000km走破に挑む
・「手づくりミニイベント」さらなる進化へ――モシコムX(エックス)始動!
・走ろうにっぽん湖走シリーズ始動 「夢のびわ湖1周」をランツアーで実現!
・「TATTAイベント」で、日本の四季や文化をもっと楽しもう
・サイネージを活用した次世代型イベントの扉が開かれた



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去11年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント