本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

東京オリンピックの開催 次は…健康スポーツの拡大へ!! 1964年の東京オリンピック後の様子は?


「1964年東京オリンピックによって人生の道が創られた」という山西哲郎先生が1960年代後半の日本を振り返り、綴りました。

1964年の東京オリンピックは日本が敗戦から次第に立ち直り、生活にゆとりができた頃に開催。そこで「オリンピックの感動を、国民の健康体力つくりに、スポーツに」と呼びかけられ、市民が心と身体を動かそう、とスポーツが広がっていきました。その中で、ランニングは70年代の前半から、各地の高齢者や「走ろう会」が大会を立ち上げるなど、全国的に広がっていき、今やランニング・マラソンブームといわれるほどになりました。2018年の笹川スポーツ財団のデータで、ジョギング・ランニング人口の統計は男性12.9%、女性5.8%と他のスポーツよりは多いのですが、市民がもっとスポーツを日常的に楽しむには、「三間の世界」つまり、時間、空間、仲間の三つが必要となってきます。誰しもが、自分にふさわしいウォーク・ランを楽しめる時間と自然豊かな公園や広場を作りたいと思っています。

山西先生は前回の東京オリンピック時に知った、ある2冊の本がきっかけで国際的なスポーツと出会い、希望と力を生み出し、自分の人生の道まで創ったと綴っています。
それらの本が山西先生の人生にどのような影響を与えたのか、また当時のオリンピック後の市民スポーツの様子を9月号に全文掲載しています。


山西哲郎
群馬大学名誉教授。公益社団法人日本オリエンテーリング協会会長。
1970年代からランニングの普及活動を続けている。


ランナーズ1月号 11月22日発売!

大会を走ろう

今秋からマラソン大会が本格再開。参加者にアンケートを実施したところ、大会の楽しさを実感するコメントに溢れていました。その一方で、コロナウイルス蔓延前と比較してエントリー数が減少している大会が数多くあり、ランナーの「エントリー控え」ともいえる現象が起きています。
本特集では瀬古利彦さん、川内優輝さんらによる討論で「なぜエントリー控えが起きているのか?」を探り、10月に開催された「いわて盛岡シティマラソン」「水戸黄門漫遊マラソン」「横浜マラソン」「金沢マラソン」の様子や参加者の声から「大会の魅力」を伝えます。

ノルウェーの注目データ紹介 
生涯ベストは47歳までに狙うべし

一般的にアスリートのピークは20~30代と言われていますが、ノルウェーで行われた研究によると、持久力のピークは「47歳!」。このデータについて感じたことをタレントの西谷綾子さん(36歳)や貴金属のスペシャリスト、池水雄一さん(60歳)ら30~70代の方々が綴りました。奈良県のスーパー40代3人の座談会も掲載。

別冊付録・ランナーズダイアリー2023

日誌はやっぱり紙が安心(!?)日々の練習内容やレースの予定記入にご活用ください。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント