本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

長谷川理恵 登場!「レース前は1kmインターバルで追い込みます」

(写真/交泰)


美しいフォームで海辺を走るモデル長谷川理恵さんは今年でランニング歴21年。
この人がいなければ「走る女性」は今ほど増えていなかったかもしれない——。
2000年に初マラソンのホノルルをサブフォーで完走し、3年後には3時間15分36秒の自己ベスト(2003年ホノルル)。母になった今も走り続け、一昨年には横浜マラソンで3時間28分30秒を出しています。今回、約7年ぶりにインタビューを実施し、長谷川さんにとって「ランニング」はどんな存在なのか?をインタビューしました。


長谷川さん「走り始めた頃、『走ると脚に筋肉つくし、日焼けもするからやめてくれない?』って当時のファッション誌の編集者に本気で言われました」
—2000 年のホノルルマラソンで初マラソンに挑戦したころですね?
長谷川さん「テレビの特番の仕事でホノルルマラソンを走ることになって、練習して目標のサブフォーで完走できました。けれど『コースをショートカットしたのを見た』など言われ、傷つきました。その時にコーチから『速くなったら誰も何も言わなくなるよ』って言われ、そこから火がつきました。いろいろ言われたことで、精神的にやさぐれましたけど、同時に42.195kmには何か世界が変わって見えた感覚があって、それが忘れられなかったです」


長谷川さんはランナーになって、その後10年間で数々のレースに出場。2007、08年には東京国際女子マラソン(2008年に終了)への出場も果たしました。それから30代後半になって、結婚、出産を経験。そんな中、彼女はどのように走り続けてきたのか。また一昨年に挑んだ横浜マラソンに向けてのトレーニングについてなど、本日発売の9月号にインタビューを全文掲載しています。


長谷川理恵
1993年スカウトされ、以後ファッション誌「CanCam」「Oggi」(小学館)の専属モデルとして活躍。2000年にランニング開始。2012年に結婚、第一子を出産。
現在は女性誌「STORY(光文社)」でレギュラーモデルを務める。






本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント