本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

今夏、オンライン「10K」に挑戦しませんか?

写真の俊足ランナーは研究者です!

写真の俊足ランナーは研究者です!


秋のフルマラソンで快走するために、今夏にランナーズ編集部がおすすめするのは、ここ1年で急速に広まったオンラインレースの「10K」に出場することです。
オンライン「10K」が走力アップに有効である理由を、研究者の天理大学体育学部講師の岩山海渡先生(38歳)はこう語ります。

私はフルマラソン1週間前に10Kを思い切り走るのがお決まりで、10Kのタイムが良い時はフルの結果も良い傾向があり、2つの種目のタイムには相関関係があります。経験則だけでなく、10Kは最大酸素摂取量を高めるのに適した距離であると示された論文も出ています。
また、「レース」と「練習」では「レース」の方が速いタイムが出ると論文で示されており、他人と競うことでポジティブな気持ちになることが理由として考察されています。オンラインレースは「物理的&視覚的」には1人ですが、「心理的」には他人と競うレースを走っている状態でポジティブな気持ちになっています。このような時に走力向上の効果が得られるのかは、私が知る範囲では先行研究はないですが、想像力を膨らませ、ライバルを意識することで、感情が感化されていることは間違いないので、オンラインレースならではの走力向上効果はあるでしょう。


岩山海渡先生
天理大学体育学部講師・博士(スポーツ医学)
筑波大学大学院卒。国立スポーツ科学センター(JISS)研究員を経て現職。
フルマラソン2時間20分16秒の記録を持つ。1982年生まれ、北海道出身



現在発売中のランナーズ8月号には、岩山先生が分析する「10Kレース」について全文掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。またTATTAサタデーランでは(参加費1500円)で「オンライン10K」を走ることができます。





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント