本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

世界初! フルマラソンのチーム戦が開催「コロナからの再スタートとして新しいレースを」

トロフィーを授与された優勝チーム

トロフィーを授与された優勝チーム


先週のランナーズonlineでお知らせしたフルマラソンのチーム戦「バトル・オブ・ザ・チームズ」が5月30日、チェコ共和国の首都プラハで開催されました。「フルマラソンをチームスポーツに仕立てたらどうなるか?」というコンセプトで企画されたこのレースは、あらかじめ4チーム(1チーム8人)に分けられた計32人の選手が一斉にフルマラソンを走り、各選手の完走タイムに応じてポイントが付与され、チーム上位6人の合計ポイントによって優勝チームが決まるというものです。出場選手はアフリカ、アジア、ヨーロッパのエリート選手が主催者によって選抜され、日本のプロランナー、岩出玲亜選手も出走しました。
午前6時30分にスタートしたレースはプラハ城など市内の名所を通る2.98kmの特設コースで行われ、インターネットでライブ配信されました。優勝チームには賞金3万2000USドル(約351万円)が授与されました。

このレースの発案者である主催会社ランチェコのカルロ・カパルボ会長は、
「コロナパンデミックからの再スタートとして、大胆で新しいイベントを企画したいと考えた時に思い立ったのがこのレースです。このレースによってランナーだけでなく、世界中の大会主催者が『新しい独自のイベントを始めよう』と考えるきっかけになればと思います。コロナ禍で積もったフラストレーションを全部パワーに変えて、マラソンの歴史に新しい時代を切り開いていきましょう!」


レースの発案者、ランチェコ会長のカルロ・カパルボさん

レースの発案者、ランチェコ会長のカルロ・カパルボさん


写真提供/RUNCZECH


※世界陸連のスコアリングシステムによりポイントを付与





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント