本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

走るコロナ医師登場! 「ほぼ毎週TATTAサタデーランで全力疾走しています」

林 健さん(51歳)

林 健さん(51歳)
埼玉医科大学 国際医療センター 神経内科・脳卒中内科 教授 医学博士


都内から車で約1時間30分、埼玉医科大学国際医療センターの外にはプレハブ病棟が建てられている。ここに新型コロナウイルス患者が入院している。
足元は黒いミズノのランニングシューズ、白衣をまとっているのは、本病院で新型コロナウイルス患者の治療にあたる医師、林健さん(51歳)。本誌定期購読者(ランナーズ+メンバーズ会員)だ。
東北大学医学部出身で、専門は「神経内科」。脳卒中やアルツハイマーなどの病気に携わる。神経内科を選んだ理由は「人と喋るのも人間文化を作るのも全て脳。他の臓器にはない面白さがあるため」だという。
埼玉医科大学は県からの要請により、関連病院全てで新型コロナウイルス患者を受け入れている。林さんが所属する同大学国際医療センターには「感染症」を専門にする医師はただ一人。そのため内科系の医師がローテーションで、新型コロナウイルス患者の治療を担当している。
「不要な接触は最小限にしていますが、防護服を着て直接診ることもあります。コロナが重症化していくのはやはり、高齢者や基礎疾患を持っている方々。(現場にいる立場からしても)ランニングなどの運動を行って健康を維持することの重要性を、今改めて実感しています」
ランニングを始めたのは9年前。運動不足とストレスを解消することが目的だった。最初は3km走ると疲労困憊だったが「遠くに行きたい」という気持ちがモチベーションとなって続けると5、10、20kmと走れる距離が延びていった。
「平日は埼玉で暮らして、週末に栃木県下野市の自宅に戻ります。いつからか週末にランニングをすることが、楽しみになりました。逆に天気予報を見て土日が雨だとガッカリ」
リアルのレースに出場した経験はなく、今年1月に「ランナーズ+メンバーズ」に入会してからはほぼ毎週末、「TATTAサタデーラン」に出場。GPSウォッチを初めて購入したのも今年1月「TATTAサタデーランでタイムを計測するため」だ。


毎回のタイムに一喜一憂
週末はTATTAサタデーラン

平日は「外来」「回診」「医学部の授業」「研修医の指導」の連続で、寝床は病院内。関わるのは患者、研修医、医学部生、大学や民間企業の関係者と幅広い。土曜の診療を終えてから車で帰宅、夕方に近所の田んぼ道でTATTAサタデーラン「ハーフマラソンの部」に挑む。
「誰もいない自分だけのスタートラインに立つと緊張感が高まります。心の中で『ヨーイ、ドン』と合図を出してスタート。そこからは呼吸をゼィハァさせながら全力疾走。タイムが良ければひとり喜び、悪ければ悔しがる。毎週のタイムに一喜一憂しています。コース沿いに人はいないので、原則マスクは付けていません」
日曜は早朝から20~30kmのジョギングを行い、日中は家族と過ごした後、夜、職場に戻る。冒頭のプレハブ病棟を横目に見ながら車を停めると次は「医師」としてのスタートラインに立つ。

「病気を治すには〝体力〟が必要。走ることの重要性を実感しています」


6月5 ~ 6日のTATTAサタデーランは都道府県対抗戦を開催‼

6月5 ~ 6日のTATTAサタデーランは開催50回を記念して「都道府県対抗戦」を開催! 都道府県ごとの参加者による累積走行距離を競います。エントリーの締め切りは6月4日(金)13時。参加費は無料なので、ランニング仲間を誘って、ぜひご参加ください!





本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント