本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【ランナーズonline】緊急事態宣言「自宅でお尻を鍛えよう!!」

写真撮影/大角重人コーチ


何とも美しい走姿! 見事なランニングフォームで走るのは松本マラソンや大阪マラソンで優勝した経験を持ち、市民ランナー向けのイベントを開催している木下裕美子さん(34歳)。ここ数年、3000m~マラソンで自己ベストを塗り替え続ける好調の秘訣が何と「お尻」というのです。木下さんはお尻を鍛えることの効果についてこう語ります。
「昨年はコロナでロードレースがない期間にお尻トレとスピード練習を重視したら、スピードが出しやすくなって、秋には高校生の時以来、17 年ぶりに3000mで自己ベストが出せました」(マラソン自己ベストは2019年の大阪国際女子で出した2時間34分19秒)

木下さんを指導する大角重人コーチ(42歳)の見解はこうです。
「スピードが出しやすくなる、というのはお尻の筋肉を使って走れている証拠。市民ランナーの人たちもマラソンの記録を伸ばそうと思ったら、スピードの余裕度を上げることが大切。少ないエネルギーでスピードを出せるようになると、レース後半に強くなります」

大角コーチと木下さんが勧める、お尻を鍛えられるトレーニングは「上り坂ダッシュ」そして、誰もが簡単にできる筋トレです。筋トレの方法を現在発売中のランナーズ6月号でご紹介! 一都三県で緊急事態宣言が発令された中で迎える今年のゴールデンウィークは、ここぞとばかりに「お尻」を鍛えてみてはいかがでしょうか?


プロフィール

おおすみ・しげと

ランニングコーチ。早稲田大学在学中は主務(マネージャー)を務めながら箱根駅伝出場。女子実業団チームコーチを経て独立した。


きのした・ゆみこ

高校卒業後、実業団選手に。現在は市民ランナーのコーチングをしながら競技を続ける。
自己ベスト2時間34分19秒(2019大阪国際女子)




お尻トレーニングの方法は現在発売中のランナーズ6月号でチェックを!



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント