本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【ランナーズonline】川内優輝が語る「トレイルを走ればフルマラソンは速くなる!」


4月12日(月)に東京マラソン財団公式クラブのONE TOKYOが主催したオンライン対談で、2018年にボストンマラソンで優勝した川内優輝さん(34歳)と、プロトレイルランナーの上田瑠偉さん(27歳)が対談。川内選手のトレラン歴は10年以上!山を走ることについて以下のように語りました。

「山を走り始めたのは2005年、大学1年のときに練習で高尾山に行ってからです。今まで、100以上の山を登りました。特に好きなのが、奥多摩にある雲取山です。プロになってから長野県木曽町で10日間の合宿をした時には、御嶽山にも登りました。夏場でも山は涼しくて走りやすいですし、山を走っていると時間があっという間に過ぎます。神経が研ぎ澄まされる気がします」

昨年10月、ランナーズ1月号の取材で鏑木毅さんと対談した時には、「トレイルランは筋力が鍛えられるだけでなく、高所トレーニングにもなります。2019年はあまりトレイルには行かず、長期合宿も平らな釧路でしかやらなかったら、結局スピードが落ちてしまいました。だから2020年はちょくちょく山に行っています」
対談から5カ月後となる今年2月のびわ湖マラソンで、川内選手は2時間7分27秒で走り、8年ぶりに自己ベストを更新しました。
この夏、フルマラソンの記録を伸ばすためにトレイルを走ってみませんか?




本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント